ベイクドフード(パン、ケーキ、クッキー袋)への印字


多彩な製品、多様な素材に正確な印字を実現

オーブンを稼働する時には、包装ライン用プリンタも必ず稼働していることが求められます。

ビデオジェットは、ベイクドフード業界の印字やマーキングの問題を解決できるノウハウを持っています。

ビデオジェットは、パンやクッキー、ケーキやシリアルなど多彩な製品の、多様な印字対象物に正確な印字を実現し、お客様に効率性、生産活動やビジネス上のアドバンテージをもたらします。パン袋などの軟包装材やパウチ、パックや厚紙製の箱、段ボール箱に至るまで、それぞれの材質に合わせた印字方法で賞味・消費期限やバーコード、原材料名などの印字ソリューションを提供しています。

  • インクジェットプリンタで外箱に印字する様子
  • フィルム包装への印字
  • パンの包装フィルムに賞味期限を印字
  • インクジェットプリンタで外箱に印字する様子
  • フィルム包装への印字
  • パンの包装フィルムに賞味期限を印字
包装種類別の最適な印字ソリューション

産業用インクジェットプリンタ(小文字用/CIJ)

溶剤ベースの非接触印字方式により、最大 5 行のテキスト、リニアバーコード、二次元のバーコード、グラフィックスを印字します。トラバース装置を利用することで、静止した包装への印字が可能な機種もあります。


産業用サーマルプリンタ(TTO)

デジタル制御のプリントヘッドがインクリボンに塗布されたインクをフィルムなどに転写して印字する熱転写方式で、食品や製薬用パッケージの印字に使用されます。
 


サーマルインクジェットプリンタ(TIJ)

インクベースの非接触印字方式で、熱および表面張力を利用してインクをパッケージ表面に投射します。高画質印字の実現により、二次元DataMatrixやその他のバーコード、ロゴなどの印字に使用されます。


ラベラー(LPA)

さまざまなサイズのラベルを印字し、幅広い種類の包装タイプに貼付します。



レーザーマーカー

レーザ光による非接触印字方式で、レーザービームを対象物に当てて対象物を深堀や酸化、剥離、発色、転写させることによりマーキングします。印字内容を簡単に変更でき、高品質で微細なマーキングが可能です。


産業用インクジェットプリンタ(大文字用/LCM)

インクベースの非接触印字方式により、複数のデータタイプ (英数字、ロゴ、バーコード) を大文字で印字します。通常は段ボール箱などの二次梱包に使用されます。

正確な位置、完璧な印字

小文字用インクジェットパン袋への印字にはいくつかの課題があります。袋のしわや袋内の空気は印字が崩れる原因となり、パンの色が濃い場合も、袋上の印字の判読が難しくなります。

袋を平らにするための金属製のガイドを付け加えるなどの対策は、シンプルではありますが、安定して品質の高い印字に役立ちます。さらに袋にプレプリントされた白い長方形の印字スペースにマーキングすることで、インクのコントラストが際立ち、パンの色が濃くても袋の上の印字内容が明確に判読できるようになります。

印字が難しいパン袋にもきれいに印字
袋の上面および前面

産業用インクジェットプリンタ(小文字用)

  • パン袋などの不規則または湾曲した表面に印字できる柔軟性の高い印字方法
  • 非接触印字技術により製品と包装の品質を保持
  • 無臭の非 MEK インクなどの幅広い特殊インク有
袋の上面および前面

産業用サーマルプリンタ

  • ラベラーへ組み込む設置方法が一般的。
  • バーコード、消費期限、価格など変動情報と固定情報の両方を含めた印字が可能。
  • 印字事故防止機能は印字ミスの削減に有効。
国や地域のニーズに応じたグローバルなソリューションを提供

市販の袋入りパンが店頭に並ぶ光景は世界中のどこでも見られますが、パン袋の留め具は国または地域によってさまざまです。ネジタイ、未開封確認用シーリングテープ、プラスチック製クリップなどが袋の留める方法として最も一般的です。また印字位置もさまざまです。国や地域によって、市販のパンへの印字が、パン袋にある場合、留め具にある場合、またはその両方にある場合があります。ビデオジェットは、どのような国や地域の要件に対しても、役立つ印字ソリューションを提供します。

パン袋の留め具への印字
パン袋の留め具

産業用インクジェットプリンタ(小文字用)

  • 大半の留め具で使用可能
  • シンプルな日付など単行印字での使用に最も効果的
  • 様々な留め具素材に対応した幅広いインク有
パン袋の留め具

産業用サーマルプリンタ

  • シンプルな直接接触印字技術。
  • 他の印字技術より多くの情報が未開封確認テープに印字可能。
パン袋の留め具

レーザーマーカー

  • 明瞭で鮮明、恒久的なマーキングに理想的
  • この用途向けのレーザー使用では、必ず現行の留め具でのマーキングテストをすることをお勧めします。
横型ピロー包装機の包装速度に対応する

包装機器の技術革新と業界トレンドにより、横型ピロー包装機は高速化しています。この高機能化が生む高いスループットのメリットを活かし、収益性への効果を実感したいとユーザーが考えるのは当然です。しかし、高速化を望む一方で、コスト効率が高く、高品質な印字も依然として必要であり、市場で出回っている全てのプリンタがその要件を満たせるわけではありません。ビデオジェットの場合は、このような包装スピードの技術革新に対応できる幅広い印字オプションを用意しています。お客様は、当社の印字技術により、必要な情報を製品の適切な位置に明瞭に表示できるという安心感を得ると共に、生産ラインの継続的な稼働も達成できます。

 

 

高速な横ピロー包装にも対応する印字ソリューション
センターシール及びエンドシール

産業用サーマルプリンタ

  • 高解像度の印字を溶剤を使わずにフレキシブルフィルム上に生成。
  • 生産ラインに直接組み込んで使用し、製品包装の前にフィルム上に印字。
  • 日付、ロゴ、バーコード、栄養成分表などの製品情報およびグラフィックの印字に最適。
センターシール
 

産業用インクジェットプリンタ(小文字用)

  • 高速な横型ピロー包装機に適合。
  • 製品包装の前後のいずれでも印字可能。
  • わかりやすいメッセージ表示インターフェイスまたはネットワークソフトウェアへの接続によって簡単に印字情報の変更が可能。
センターシール
 

レーザーマーカー
 

  • 最小限の消耗品によって、鮮明で品質の安定した恒久的なマーキングを生成。
  • 横型ピロー包装機に直接組み込むことによる、マーキング位置が安定化。
  • レーザーはフィルムを損傷せずにインクを除去できるため、プレプリントされたポリプロピレンフィルムに最適。
産業用プリンタの本来の実力を引き出す

様々な製品の多種多様にプレプリントされたフィルムを同じ生産ラインで扱うことは、面倒でコストがかかります。産業用サーマルプリンタは、包装中に製品情報を印字できる機能を持ちます。可変データの印字が可能なので、プレプリントされたフィルムの種類を抑えることができます。産業用サーマルプリンタは、ロゴ、バーコード、製品情報を高解像度で印字し、究極の柔軟性と効率性を提供します。

多種多様なフィルム包装にもきれいに印字
製品情報
と標準的印字内容

産業用サーマルプリンタ

  • 縦型ピロー包装機 (VFFS) に直接組み込むことで、高品位な印字を生成。
  • 当社の高い技術によって限られた設置面積でも取り付け可能。
  • 間欠・連続のいずれのモードの生産ラインにも対応。
標準的印字内容
 

産業用インクジェットプリンタ(小文字用)

  • 形成済みパウチおよび包装袋で再密封可能な分厚いジッパーをともなう包装など、比較的複雑な素材への印字で特に有効。
  • VFFS 機器にシームレスに組み込めるため、印字プロセスでフィルム素材を容易に取り扱うことが可能。 
生産ラインの装置に組み込むメリット

プリンタは、カートナに直接組み込まれる場合と、厚紙製の箱が充填・密封された後の送り出しコンベアに組み込まれる場合があります。カートナに直接組み込むには、詳細な設計が必要となりますが、より大きなメリットがあります。カートナが素材を精密に扱い、さらにマシンの既存のガードが利用できるので、より安定した状態での印字が期待できます。このような利点は他の包装機器タイプと共通です。

厚紙製の外箱に印字
箱の上面と側面

レーザーマーカー

  • テキスト、バーコードまたは画像をマーキングし、消耗品をほとんど使用しないシンプルでクリーンな印字方法 。
  • CO2 レーザーは、プレプリントされたべた塗のインク枠内の一部を除去し、その下の層を露出させ、濃い色の背景に対して高品質で明るい色のマーキングを実現。
箱の上面と側面

サーマルインクジェットプリンタ

  • 高品質インクに基づく印字ソリューションで、多孔質なボール紙素材または水性コーティング付の枠内への印字に最適。
  • 他のインクベースのシステムよりも高解像度の印字が可能。
  • 複数行のテキスト、バーコード、その他の複雑なデータに適した印字方法。
箱の上面と側面

産業用インクジェットプリンタ(小文字用)

  • 柔軟性の高い印字方法。
  • 水性オーバーコートやワニスのコーティング付素材など、ほぼすべての一般的なパック素材に印字可能。
  • 色つきインクが選択可能であるため、様々な色のパックで高コントラストの印字が可能。
サプライチェーンを効率化しコストを削減する段ボールへの印字

ロットやバッチなどのサプライヤー独自の情報を、段ボール箱に明瞭に印字することで、小売業者、卸売業者、輸送会社が共通で確認できるトレーサビリティポイントが生み出され、素早い識別、商品の効率的な移送が可能になります。このような情報を段ボール箱に直接に印字することで、異なる取引先であっても、標準化された共通の設計の箱が利用できることになり、包装材の管理が容易になります。

サプライチェーンを効率化する段ボール印字
段ボール箱に直接印字

産業用インクジェットプリンタ(大文字用)

  • スキャン用バーコードなどの情報を直接段ボール箱に印字
  • コスト効率性が非常に高く支出を軽減
  • ラベルのコスト、在庫、管理に加えて、顧客ごとに異なるプレプリント済み段ボール箱が不要
ラベルに直接印字

ラベラー

  • 高品位な熱転写サーマルプリント技術で直接ラベル上に印字
  • 高解像度のテキストおよびバーコードを印字
  • 使いやすいメニューによりプリンタ本体でラベルを設定可能
  • 自動動作により、手動に比べてエラーが少なく高速化を実現
段ボール箱に直接印字

レーザーマーカー
 

  • DataLase® でコーティングした段ボール箱にレーザーマーキングすることで、濃い黒で超高解像度の印字が可能。
  • グラフィック、複数サイズのテキストおよびバーコードを段ボール箱に直接印字。
  • 保護用コーティングを損傷せずに明瞭に濃く印字できるので、特に防水コーティングされた段ボール箱で有効。

成形済みのパン袋を使用する場合、いくつかの印字方法が選択可能です。シンプルなソリューションとしては、生産ラインのコンベアに印字システムを組み込み、各製品を袋詰めして密封した後にマーキングする方法があります。

使用する留め具の種類によって、印字の可否、およびその作業に適した印字技術が決まります。最適な結果を得るには、プリンタを袋詰め機に直接設置する方法をお勧めします。

食パン生産ラインのイメージ図

産業用インクジェットプリンタ(小文字用)

溶剤ベースの非接触印字方式により、最大 5 行のテキスト、リニアバーコード、二次元のバーコード、グラフィックスを印字します。トラバース装置を利用することで、静止した包装への印字が可能な機種もあります。


レーザーマーカー

レーザ光による非接触印字方式で、レーザービームを対象物に当てて対象物を深堀や酸化、剥離、発色、転写させることによりマーキングします。印字内容を簡単に変更でき、高品質で微細なマーキングが可能です。


産業用サーマルプリンタ

デジタル制御のプリントヘッドがインクリボンに塗布されたインクをフィルムなどに転写して印字する熱転写方式で、食品や製薬用パッケージの印字に使用されます。

ビデオジェットは、生産ラインの速度に関係なく横型ピロー包装で使用できるソリューションを提供します。横型ピロー包装機の下流でも印字は可能ですが、通常最も高い品質の印字は、包装の前にフィルムに印字することで得られます。

横ピロー包装と印字

産業用インクジェットプリンタ(小文字用)

溶剤ベースの非接触印字方式により、最大 5 行のテキスト、リニアバーコード、二次元のバーコード、グラフィックスを印字します。トラバース装置を利用することで、静止した包装への印字が可能な機種もあります。


レーザーマーカー

レーザ光による非接触印字方式で、レーザービームを対象物に当てて対象物を深堀や酸化、剥離、発色、転写させることによりマーキングします。印字内容を簡単に変更でき、高品質で微細なマーキングが可能です。


産業用サーマルプリンタ

デジタル制御のプリントヘッドがインクリボンに塗布されたインクをフィルムなどに転写して印字する熱転写方式で、食品や製薬用パッケージの印字に使用されます。

ビデオジェットは、生産ラインの速度に関係なく縦型ピロー包装で使用できるソリューションを提供します。縦型ピロー包装機の下流でも印字は可能ですが、通常最も高い品質の印字は、包装の前にフィルムに印字することで得られます。

縦ピロー包装と印字

産業用サーマルプリンタ

デジタル制御のプリントヘッドがインクリボンに塗布されたインクをフィルムなどに転写して印字する熱転写方式で、食品や製薬用パッケージの印字に使用されます。


産業用インクジェットプリンタ(小文字用)

溶剤ベースの非接触印字方式により、最大 5 行のテキスト、リニアバーコード、二次元のバーコード、グラフィックスを印字します。トラバース装置を利用することで、静止した包装への印字が可能な機種もあります。

印字装置は、マシンに組み込むケースと送り出し口の下流に直接設置するケースの両方が考えられますが、通常はカートナーが精密に製品を取り扱うので、複数の技術が適用可能です。印字装置の最適な設置場所は、カートナと適用予定の印字技術が規定する寸法条件で決まります。

カートナー付近での印字

レーザーマーカー

レーザ光による非接触印字方式で、レーザービームを対象物に当てて対象物を深堀や酸化、剥離、発色、転写させることによりマーキングします。印字内容を簡単に変更でき、高品質で微細なマーキングが可能です。


産業用インクジェットプリンタ(小文字用)

溶剤ベースの非接触印字方式により、最大 5 行のテキスト、リニアバーコード、二次元のバーコード、グラフィックスを印字します。トラバース装置を利用することで、静止した包装への印字が可能な機種もあります。


サーマルインクジェットプリンタ

インクベースの非接触印字方式で、熱および表面張力を利用してインクをパッケージ表面に投射します。高画質印字の実現により、二次元DataMatrixやその他のバーコード、ロゴなどの印字に使用されます。

プリンタをコンベアへ組み込む際に最適な位置は、密封された段ボール箱が排出される場所です。お客様の生産ラインに最適な印字技術は、段ボール箱に印字する情報のタイプと量に応じて決まります。

封函作業と段ボール印字

産業用インクジェットプリンタ(大文字用)

インクベースの非接触印字方式により、複数のデータタイプ (英数字、ロゴ、バーコード) を大文字で印字します。通常は段ボール箱などの二次梱包に使用されます。


レーザーマーカー

レーザ光による非接触印字方式で、レーザービームを対象物に当てて対象物を深堀や酸化、剥離、発色、転写させることによりマーキングします。印字内容を簡単に変更でき、高品質で微細なマーキングが可能です。


ラベラー

さまざまなサイズのラベルを印字し、幅広い種類の包装タイプに貼付します。

お問い合わせ

営業およびカスタマーサービス
03-6380-7080

修理依頼および技術サポート
0077-78-0052