金属表面へのレーザーマーキングと印字

金属表面にマークを印字またはエッチングするために、さまざまなレーザーマーカーが使用されています。これらの印字は耐久性が高く、純正品や部品を迅速に識別するために不可欠です。航空宇宙や自動車などの業界、ならびに飲料容器や医薬品包装などのコンシューマ向けパッケージに使用されています。

今日使用されるレーザーエッチング機には、多様な CO2、赤外線、UV、ファイバーレーザーマーカーがあります。金属は耐熱素材であるため、金属へのマーキングには当初は高密度レーザー照射が必要でした。これらのマーカーが金属表面にマーキングする方法は、マーキング、エッチング、彫刻の 3 つです。

今日では、さまざまな出力で機能する広範なレーザーエッチング機が出回っており、マーキング対象の多様な金属素材や、さまざまな包装や製品の用途に対応します。マーキングされる金属は、通常はアルマイトからステンレス鋼まであり、コーティングされた金属が含まれます。その表面をレーザーによって正確なパターンで除去し、鮮明で耐久性の高いマーキングを行うことができます。これらのさまざまなレーザーマーカーは多様な金属に対して異なる反応をするため、自社の印字要件に最も効果的なマーカーを選択する際に、自社製品のサンプルワークにマーキングして、利用可能なマーカーを評価する必要があります。

ファイバーレーザーマーキングは、ステンレス鋼の表面にマーキングや印字を施すために最もよく使用されます。これらのマーカーは出力が高めで、表面をエッチングまたは彫刻することにより、ステンレス鋼の部品や大きな製品に識別コードを直接マーキングします。これらのコードは、数字でも、英数字でも、二次元バーコードでも、従来のバーコードでもかまいません。

従来の CO2 レーザー波長より短い波長を使用する CO2 レーザーマーカーは、アルマイトなどの金属表面にマーキングするために使用できます。この工程では、アルミニウムの表面が脱色し、その下のむき出しの金属表面が露出し、印字する文字が作成されます。

レーザーマーカーでは、エナメル塗料をコーティングした表面にマーキングし、塗料表面を除去して露出した金属表面に印字することもできます。この工程には、非常に低出力のレーザーを使用し、コストを削減し、生産速度を上げるという利点があります。さらに、電力使用量が少ないため、塵や残留物がほとんどまたはまったく発生せず、作業員にとって安全な環境が生まれます。

プレコート面やスプレーコート面も、金属へのレーザー彫刻で使用するために開発されました。これらのコーティングをレーザービームは認識し、ビームが通過する際にコーティングが素材に定着します。レーザービームが接触すると、これらのコーティングによって金属の表面が異なる色 (多くの場合は黒、茶、灰) に変化し、マークが生成されます。

製品導入に関するご相談

無料サンプル作成・デモも受付中
03-6374-8719

×

お問い合わせ

お電話:03-6374-8719