ステンレススチールのレーザーマーキング

ファイバーレーザーマーカーは、ステンレススチールの表面に重要なマーキングを配置する用途に好ましいシステムです。これらのシステムは、ステンレススチールの部品や、より大きな製品に取り付けられているステンレススチールプレートに識別印字を直接マーキングするために使用されます。印字は数字でも、英数字でも、二次元バーコードや従来のバーコードでもかまいません。

レーザーマーキング工程では、ステンレススチールの表面で正確に対象となった素材の領域が変質し、非常に見やすい印字となります。ファイバーレーザーは同等の出力のソリッドステートレーザーやガスレーザーと比較してコンパクトであり、高いピーク出力とナノ秒パルスにより優れた彫刻結果となります。より高い出力と優れたビーム品質により、よりすっきりした切り口と高速が実現します。レーザーマーキング工程により、重要な識別情報は製品の一部となるため、印字中または印字後ににじんだりぼやけたりする可能性がなくなります。航空宇宙や自動車、医療機器の製造など、個々の部品の認証とトレーサビリティの重要性がいや増している業界では、ステンレススチールのレーザーマーキングがますます重要になっています。

ステンレススチールのレーザーマーキングでは、工業生産に必要な高速で部品や製品に印字が彫刻されます。多くは毎分最大 900 個のマークを彫刻できます。レーザーマーカーは生産ラインに沿って移動する目標にマーキングするようにビームを指向することもでき、より高い生産性の実現をサポートします。この工程では、製品の寿命を通して識別が可能であることを確実にするのに役立つ、耐久性の高い印字が生まれます。 レーザーマーキングは、ステンレススチールに恒久的にマーキングする唯一の印字技術です。インクジェットおよび熱転写印字を使用した会社は、この種の印字がすぐに消えることがあることに気づきました。部品や製品を追跡する機能が生産者にとってますます必要になるにつれて、消えない印字の重要性が高まっています。

製品導入に関するご相談

無料サンプル作成・デモも受付中
03-6374-8719

×

お問い合わせ

お電話:03-6374-8719