包装フィルムの水や油をはじくインク V418 新発売


ビデオジェットは、柔らかい材質のプラスチックで
強力な固着性を発揮する新しいインクを発売します


過酷な環境条件でも優れた性能を発揮するインク

イリノイ州シカゴ – 2015 年 2 月 5 日 – 食品表示に関する規制への準拠が食品メー カーや食品包装に関連した企業にとって急務となっていますが、特に商品への正確で読みやすい消費期限情報の印字は最重要事項となっており、商品が最終的に消費されるまでその印字が消えないことが求められています。ビデオジェットは、食品メーカーにとって優先度の高いこの課題を解決すべく毎年インク製品の開発に重点的に投資して、専門家チームによる新たな高機能インクの開発に注力してきました。その結果、当社では固着性を強化した Videojet 1000 シリーズ向インク V418 を開発いたしました。

V418 は、食肉や魚介類、およびその加工品の製造施設でよく使われる柔らかい材質のフィ ルム包装の上で、特に固着性と摩耗性に優れた性能を発揮するように配合されています。包装工程の環境条件や包装される商品自体の条件が、消費期限の印字を難しくする場合があります。ビデオジェットのビジネスユニットマネージャー Heidi Wright は次のように説明 しています。「私たちは、お客様が直面している課題の根本原因を理解するために細かい聞き取りを行います。多岐にわたる情報交換を通して、高湿度や低温の時、または製品表面に油の残留物や結露が生じている場合に、インクの固着性に劣化やばらつきの出ることがあると分かりました。」

V418 は、乾燥後に水や各種の油を強力にはじくことを重視して配合されています。この 製品では、インク溶剤が効果的に印字表面にある油の残留物を除去し、さらにインク乾燥後の想定された商品のライフサイクルの期間内に油や結露にさらされても印字が消えることはありません。

また、Wright は当社の成果について次のようにコメントしています。「さまざまな種類の 油や動物性脂肪に対する耐性を検証するために、産業分野で使用される多数の標準的なフレキシブルフィルムに対して数多くの試験を行いました。この新しい調合のインクは、過酷な環境でも高品質で長期にわたり消えない印字が可能な上、特にポリエチレンなど従来印字が難しい材料にも印字ができるので、お客様にとって新しい可能性を開くことと思います。」

ビデオジェットはこれからもインクの研究開発に投資を続けて、お客様の印字へのニーズに対応し続けられるように、産業界で一般的に使用いただけるインクから特殊用途のインクまで、ラインナップの拡大に邁進していきます。

###

ビデオジェットについて

ビデオジェットは、産業用印字のグローバル市場で活躍する企業で、インラインでの印字やマーキング用装置、特定用途向けに開発された溶剤、そして製品のライフサイクルを通したサポートを提供してきました。当社の目標は、コンシューマ向けパッケージ品、医薬品、工業用品などを製造するお客様とのパートナーシップを通して、そのお客様が生産性を強化してブランド価値の保護や向上を図り、業界トレンドや法規制遵守で業界のリーダーとなるお手伝いをすることです。産業用インクジェットプリンタ (大文字用と小文字用)、サーマルイ ンクジェットプリンタ、レーザーマーカー、産業用サーマルプリンタやラベラーなどの製品分野で専門的ノウハウや先端技術を有するビデオジェットは、世界で 325,000 台を超えるプ リンタの納入実績があります。ビデオジェット製品は、販売先で 1 日 100 億を超える製品に 印字を行っています。世界 26 か国の直営事業所で 3,000 名以上のスタッフが、製品販売、設置 やトレーニングのサポートを提供しています。また、流通ネットワークには 400 以上の代理 店業者および OEM が含まれており、135 か国でサービスを提供しています。

お問い合わせ

営業およびカスタマーサービス
03-6380-7080

修理依頼および技術サポート
0120-336-058(フリーダイアル)
03-6625-4073(有料)