次世代インクジェットプリンタ Videojet 1550 および 1650

稼働時間を継続的に改善し印字ミスを低減するように設計された次世代インクジェットプリンタ Videojet 1550 および 1650 を発売

新発売のプリンタが、機器の稼働率とドライブ OEE を増大させます

米国イリノイ州ウッドデール(米国)— 2012 年 11 月 19 日—ビデオジェット・エックスライト株式会社は製品識別を必要とする業界向けに、マーキング、印字、およびレーザーマーキング用の製品、溶剤、およびアクセサリを製造する世界有数のメーカーです。同社は本日、信頼性の高いVideojet 1000 シリーズの次世代プリンタ、インクジェットプリンタ 1550 および 1650 を本日発表しました。生産性と収益性を高める目的で設計された小文字用インクジェットプリンタ Videojet 1550 と 1650 は、稼働時間や総合設備稼働率 (OEE) を測定、改善する指標やツールを提供します。操作が簡単な 1550 と 1650 は、コード保証機能が搭載されており、印字ミスを減らして正しいメッセージ内容が正しい製品に印字されるようになっています。

革新的なデザインで生産ラインの高い稼働率と、それを追跡する正しい指標が得られるプリンタ Videojet 1550 および 1650が、特許取得済みのCleanFlow™ (クリーンフロー) プリントヘッドと Dynamic Calibration™ (ダイナミックキャリブレーション) インクフローシステムを活用して突発的なライン停止を減少させます。稼働停止の原因となるインク蓄積防止設計の1550 と 1650 には自動クリーニング機能が搭載されており、プリントヘッドのクリーニング頻度を減らし、生産ラインが長時間稼働した後であっても信頼性の高い、明瞭で、品質の安定した印字が可能となるように、フィルタ処理されたエアーを供給します。独自のプリントヘッドの設計と長寿命のインクコアモジュールにより、定期的なメンテナンスまでの稼働持続時間を最大 14,000 時間に延長し、計画的ライン停止時間を短縮します。

さらに小文字用インクジェットプリンタ1550 および 1650 では、OEE 稼働率指標によりお客様が稼働時間を測定することができます。稼働率の指標は、お客様の生産ラインの稼働方法をより反映した内容にすることや、工場全体の稼働率を測定するよう設定することもできます。「あらゆる企業は、生産ラインの 稼働率を100 % にすることをを目指しています。ビデオジェットの、お客様が対象の近年の調査では、操業中の生産ラインの 400 台を超える Videojet 1000 シリーズプリンタで、前月の稼働率が平均 99.9 %であるという結果が示されました1。ビデオジェットのインクジェットプリンタ 1550 および 1650 で、お客様はライン停止を最少化して、稼働率を向上させることができます。」と、ビデオジェットの事業管理担当副社長の Dennis Howe はコメントしています。

工程改善に役立つ生産性向上ツール

生産現場では、稼働率の指標を利用する以外にも、突発的ライン停止が発生する根本要因を特定して解消し、改善することが求められます。Videojet 1550 および 1650は、生産ライン停止の情報を論理的に提供し、効率的で効果的な問題の解決をサポートします。 このプリンタでは、稼働率データを掘り下げて、ライン停止の技術的原因とオペレータに依存する原因が検出できます。継続的に工程を改善するには、根本原因を理解することが欠かせません。

正しいコードで、ブランドの強みを維持

1 桁足りないマーキング、存在しない日付、対象外の製品への印字、タイプミスなど、印字ミスは生産ラインに付きものです。しかしこのようなミスは、部品の廃棄、手直し、法規制上の罰金の原因となる可能性があり、メーカーのブランドイメージを損なう可能性があります。オペレータの誤操作は、印字ミスの最も一般的な原因です。Videojet 1550 および 1650では、コード保証機能がポカヨケとして働き、ミスを防ぐことができるので、顧客の製造ラインにおける生産性を維持し、ブランドイメージを確かなものにします。

高い操作性で不安を解消

Videojet 1550 および 1650 は、あらゆる機能を最小限の操作で実行できるように設計されており、オペレーターは、生産活動な重要なポイントに集中できて、大型の明るいタッチスクリーンインターフェイス上で、すべての一般的な操作を 5 回以内のタッチで行うことができます。1550 および 1650 プリンタは、ジョブパラメータの管理状態を改善し、効率的で生産性の高いライン管理ができるようになります。加えて、ビデオジェットのSmart Cartridge™ (スマートカートリッジ) フルイドシステムが無駄、こぼれ、誤りをなくし、計画的メンテナンス時には、1550 と 1650 のインクコアモジュールが簡単に交換できます。これにより、お客様は、すぐに生産を再開できるので、効率的です。

当社は、計画的ライン停止と突発的ライン停止の頻度の最小化と短縮化の取り組み続けており、当社のプリンタによる最大の稼働率と迅速な対応能力の実現に向けて尽力しています。当社は、機器設計の稼働率をさらに高め、操作を簡略化・最小化し、適切なアクションが取れる情報を提供することで、現在市場にある製品の中で最高レベルの稼働時間を実現する印字およびマーキングのソリューションを開発しました。

Videojet 1550/1650および Videojet 1000 シリーズの小文字用インクジェットプリンタの詳細については、03-6380-7080 までお電話いただくか、http://www.videojet.com/jp/Videojet_1000_line_ink_jet_printers をご覧ください

¹ 99.9% の稼働率は、お客様の生産ラインで稼働中の 400 台を超えるプリンタの調査結果に基づく数値です。調査対象のお客様の半数以上の生産ラインで稼働率(availability)100% の実績を持ちます。生産条件によって、調査と異なる結果となる場合があります。

# # #

ビデオジェットについて

Videojet Technologies Inc.は、産業界での製品識別のための印字およびマーキング装置、溶剤、およびアクセサリの世界的なメーカーです。小文字用インクジェット、サーマルインクジェット、大文字用インクジェット、熱転写サーマルプリント、およびレーザーマーキング技術などのスペシャリストとして、ビデオジェットは世界で 275,000 台を超える設置数を誇ります。販売、サービス、トレーニング、管理、アプリケーションサポートを世界各地の事業拠点で行っています。当社は拠点をオーストリア、ブラジル、カナダ、チリ、中国、フランス、ドイツ、インド、アイルランド、イタリア、日本、韓国、メキシコ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スイス、トルコ、英国に展開しており、米国だけでも 250 名の販売・サービススタッフを擁しています。ビデオジェットの代理店ネットワークには 175 の代理店および OEM があり、135 ヶ国でサービスを提供しています。

©2012 Videojet X-Rite K.K.All rights reserved.Videojet および Uptime Peace of Mind は、Videojet Technologies Inc. の登録商標です。

稼働時間を継続的に改善し印字ミスを低減するよう設計された次世代インクジェットプリンタ 1550 および 1650 を発売

お問い合わせ

営業およびカスタマーサービス
03-6380-7080

修理依頼および技術サポート

0077-78-0052