ビデオジェット社とブルーインフィニティ社がトレーサビリティワークショップ開催: TPDⅡ規制への対応準備を後押し

ビデオジェット社とブルーインフィニティ社がトレーサビリティワークショップ開催: TPDⅡ規制への対応準備を後押し

ジュネーブ、スイス– 2015年4月24日 新たに制定されたタバコ製品に関わるEU指令(TPDⅡ2014)は、タバコメーカーに対し、2019年までに国境を越えて広がるサプライチェーンに対し、有効なシリアルナンバリング、トラック&トレースおよび製品認証を可能にするシステムの構築を求めています。ブルーインフィニティ社(blue-infinity)とビデオジェットは、この2社が提供するトラック&トレースソリューションに関する特別勉強会を共同開催しました。この勉強会では、EU指令がタバコの製造者に要求している対応の難しい条件の詳細、およびその準備に必要なものを共有しました。

ブルーインフィニティ社のAIT セントラル事業開発マネージャーである Benjamin Phelip氏の説明によると、TPDⅡ(第15条)は、サプライチェーン全体の関係者に影響を与えるものであり、ビジネスプロセスの再構築とデータ管理の改善を求めているとのことです。「タバコメーカーは、社内のみならずサプライチェーン全体にわたって製品のトラック&トレースに全責任を負うことを要求されることになります。工場から小売のアウトレットまで、全てのプロセスをカバーする必要があります。」

ブルーインフィニティ社が提供するトラック&トレースソリューションはAITセントラル(AIT Central)と呼ばれているパッケージで、Codentify ®、CodiTrack およびCodiCheckという3つのコアテクノロジーで構成されており、システムの展開、運用および管理を含めたパッケージサービスも提供しています。 ブルーインフィニティ社は、このCodentify®をベースとしたシステムを2004年からグローバルで提供してきた実績を持つ唯一の企業であり、50か国で700本の生産ラインと1600か所の製品トラッキングポイントでソリューションを展開してきました。

ブルーインフィニティ社のトラック&トレースソリューションマネージャーであるDany Lauener氏は次のようにコメントしています。「プロジェクトサイズの大小に関係なく、メーカーの多くは生産ラインのトラック&トレースに注目しますが、私たちの今までの経験では、ソリューションを展開する上での労力の80%は残りのサプライチェーンに費やされます。ソリューションの導入をスムーズに行うために、AITセントラルのパッケージはモジュール式で提供されており、導入スケジュールやコスト管理を確実に行う一助となっています。」 サプライチェーンへの影響を最小限におさめてソリューションを展開するには、まず導入完了日を定めてそこから逆算してスケジュール立案することが強く推奨されています。一部のタバコメーカーでは、すでに数年前にトラック&トレースの導入を開始したにもかかわらず、未だサプライチェーン全体への展開を完了できないケースも出ています。ブルーインフィニティ社とビデオジェットでは、計画の早い段階でのスケジュールの枠組みや対象範囲の決定をお勧めしています。このような方法をとることで、ソリューションの導入を検討しているメーカーが、事業の重要事項に集中しつつ、最短のダウンタイムでソリューションの導入を完了できます。

ビデオジェットは、最近Codentify コードジェネレータとデジタル印字技術の接続性を改善する新たなインターフェイスを発売しました。そのような経緯もあり、ビデオジェットはブルーインフィニティ社と共にタバコメーカーに対する勉強会を開催するパートナーとしては理想的でした。ビデオジェットは、タバコの個別包装、バンドルラップ、カートンや二次包装上に関連するトラック&トレース情報を印字するレーザーマーカー、インクジェットプリンタやプリンタ搭載ラベラーを専門とする印字装置メーカーです。

ビデオジェットのタバコ&セキュリティビジネスのグローバルディレクターであるMario Bock氏は次のようにコメントしています。「当社の製品は、工場にある多数の装置を接続して、個包装から一次包装、そして最終出荷用の二次包装に至るまで、印字情報の一貫性を保ちながら高速ラインにも追従できるので、あらゆるお客様にコンプライアンスを守るためのツールとしてご活用いただけます。」

製品の履歴追跡を工場で個別包装に納められた段階から、小売のアウトレットで販売される段階まで確実に実行できるシステムを構築することは決して容易ではありません。システム導入を成功させるには適切なパートナーの選択が決め手となります。ビデオジェットはこの分野でエキスパートとしての実績を積んできたブルーインフィニティ社と連携し、ソリューションとパッケージサービスを提供することでお客様に貢献いたします。

お客様の具体的な課題を解決するCodentify® ソリューションの詳しい内容については下記までお問い合わせください。

ブルーインフィニティ社、AIT セントラル事業開発マネージャー Benjamin Phelip氏 電話: +41 58 307 6813 メールアドレス:benjamin.phelip@b-i.com

ビデオジェットのタバコ&セキュリティビジネスのグローバルディレクター Mario Bock氏 電話:+41 79 316 7666 メールアドレス: mario.bock@videojet.com

ブルーインフィニティ社( blue-infinity)について:
ブルーインフィニティ社は、ジュネーブに本社を置くスイスの企業で、ローザンヌ、プラハ、リスボンおよび香港で400人のエキスパートを抱えており、1995年の創立時から世界中の大手企業やブランドから信頼されてまいりました。2003年以降、ブルーインフィニティ社は、さまざまな変化に対応しながらCodentify® をベースとしたトラック&トレースソリューションを提供してきました。その結果、ブルーインフィニティ社は、大手のタバコメーカー(PMI(フィリップ モリス インターナショナル)JTI(日本たばこ産業インターナショナル) およびITG(インペリアル・タバコ・グループ)など)にCodentify® ソリューションを提供してきました。タバコ製品に関わるEU指令(2014)が制定されて以降、ブルーインフィニティ社はこの技術の正式な再販業者として指名されました。詳細については www.blue-infinity.com をご覧いただくか、+800 307 70 000にお電話ください。

AITセントラル(AIT Central)について:
不正取引防止用ソリューションパッケージ AITセントラル(Anti-Illicit Trade (AIT) Central)は、ブルーインフィニティ社が提供するサービスパッケージで、不正取引に企業が対抗するためのソリューションとして開発されました。AITセントラルのコア部分を構成するのは、Codentify®、 CodiTrack と CodiCheckと名付けられたテクノロジ―で、 10年以上の実績があります。AITセントラルは、グローバルレベルで700本の生産ラインと1600のトラッキングポイントをカバーし、シリアルナンバリング、製品のトラック&トレースおよび製品認証で使用されてきています。詳細については www.aitcentral.com をご覧いただくか、+41 58 307 6813にお電話ください。

ビデオジェットについて
ビデオジェットは、産業用印字のグローバル市場で活躍する企業で、インラインでの印字やマーキング用装置、特定用途向けに開発された溶剤、そして製品のライフサイクルを通したサポートを提供してきました。当社の目標は、コンシューマ向けパッケージ品、医薬品、工業用品などを製造するお客様とのパートナーシップを通して、そのお客様が生産性を強化することでブランド価値の保護や向上を図り、業界トレンドや法規制遵守で業界のリーダーとなるお手伝いをすることです。産業用インクジェットプリンタ (大文字用と小文字用)、サーマルインクジェットプリンタ、レーザーマーカー、産業用サーマルプリンタやラベラーなどの製品分野で専門的なノウハウや先端技術を有するビデオジェットは、世界で 325,000 台を超えるプリンタの納入実績があります。ビデオジェット製品は、販売先で 1 日 100 億を超える製品に印字を行っています。世界 26 か国の直営事業所で 3,000 名以上のスタッフが、製品販売、設置やトレーニングのサポートを提供しています。また、流通ネットワークには 400 以上の代理店業者および OEM が含まれており、135 か国でサービスを提供しています。

Codentify® は、 Digital Coding & Tracking Associationの登録商標です。

お問い合わせ

営業およびカスタマーサービス
03-6380-7080

修理依頼および技術サポート

0077-78-0052