印字事故防止技術

ビデオジェット®が 印字事故防止技術を搭載したClarisuite™ (クラリスイート)を発売

イリノイ州ウッドデール(米国)— 2012 年 7 月 9 日 — Videojet Technologies Inc.は、製品識別のためのマーキング、印字、およびレーザーマーキング用の製品、溶剤、およびアクセサリの世界的なメーカーです。同社は本日、集中管理型メッセージデータベースと製品上の印字をリンクする、完全統合タイプの印字事故防止技術を搭載したCLARiSUITE™ を発売しました。

「正しい製品の正しい場所に正しい内容を印字することは、企業が製品の注文処理を時間通りに正しく完了することが求められる今日の製造環境では大変重要です。それができなければ、違約金を支払ったり、取引を失ったりするリスクがあるからです」とビデオジェットのアプリケーションスペシャリストの Randy Kaiser は言います。「CLARiSUITE を使うことで、生産管理の責任者は工程から無駄をなくし、生産性を向上させながら、リスク、作業のやり直しやリコールを最低限に抑えることができます。」

CLARiSUITE はビデオジェットのインクジェットプリンタ、大文字用プリンタ、レーザーマーカー、ラベルアプリケーターおよび産業用サーマルプリンタに対応します。このソリューションは、メッセージ設定工程での人的ミスを大幅に抑えることで、不正確な印字を削減します。また、正確性と製品トレーサビリティに関する、小売基準および法的基準をも満たします。ビデオジェット印字事故防止技術のその他の主要な機能は次のとおりです:

  • メッセージ管理:すべてのメッセージを集中的に作成、保管、編集することで、安全で効率のいいデータ管理が実現します。
  • デバイスへの接続:一か所に接続されたプリンタやスキャナを、同時に設定できるので、生産性を最大化できます。
  • バーコードの検証:固定されたスキャナが印字をスキャンして、読み取れない印字や印字の抜けがあった場合は不合格とし、印字エラーを識別した場合は生産ラインを停止させることもできます。
  • ジョブ選択:CLARiSUITE がインストールされた PC やビデオジェットのプリンタに正しいメッセージが読み込まれ、企業全体で利用できます。ハンドヘルドのスキャナで作業指示書や製品上のバーコードを読み取り、適切な印字ジョブを選択できます。

このソフトウェアパッケージは、生鮮食料品、保管可能期間が短い食品、自社ブランド食品、飲料のメーカーや、大量の製品 SKU を持つメーカー、頻繁に製品の切り替えがあるメーカーに最適です。

CLARiSUITE パッケージには、機能やオプションが異なる 3 つのレベルがあります。CLARiSUITE のインストールを、ビデオジェットのシステム専門の担当者に依頼するか、自分で実施するかはユーザーが選択できます。ユーザご自身がインストールする場合でも、継続的なサポートやアップグレードサポートのオプションをお選びいただけます。

CLARiSUITE について詳しくは、03-6380-7080 にお電話いただくか、当社のホームページをご参照ください。

# # #

ビデオジェットについて

Videojet Technologies Inc.は、産業界での製品識別のための印字およびマーキング装置、溶剤、およびアクセサリの世界的なメーカーです。小文字用インクジェット、サーマルインクジェット、大文字用インクジェット、熱転写サーマルプリント、およびレーザーマーキング技術などのスペシャリストとして、ビデオジェットは世界で 275,000 台を超える設置数を誇ります。販売、サービス、トレーニング、管理、アプリケーションサポートを世界各地の事業拠点で行っています。当社は拠点をオーストリア、ブラジル、カナダ、チリ、中国、フランス、ドイツ、インド、アイルランド、イタリア、日本、韓国、メキシコ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スイス、トルコ、英国に展開しており、米国だけでも 250 名の販売・サービススタッフを擁しています。ビデオジェットの代理店ネットワークには 175 の代理店および OEM があり、135 ヶ国でサービスを提供しています。

©2012 Videojet X-Rite K.K.All rights reserved.Videojet および Uptime Peace of Mind は、Videojet Technologies Inc. の登録商標です。

お問い合わせ

営業およびカスタマーサービス
03-6380-7080

修理依頼および技術サポート
0120-336-058(フリーダイアル)
03-6625-4073(有料)