スマート印字ソリューション

現在使用しているデジタル印字技術を使用して、生産ライン上の個々の製品に固有の単品製品番号を生成します。スマート印字は、意図しない第三者が模倣することが困難であり、効果的な偽造・横流し防止システムの重要な基盤です。

偽造や横流しを防止することは難題です。グレーマーケットやブラックマーケットの参加者は、しばしば製品を複製または転売して利益を得るために、思い切った手段を取ります。しかし、スマート印字は、認定ベンダーが製品の真正性を保証するのを容易にするのに役立ちます。

製品のどこかに半永久的なロット番号を含めることは、保護の第一歩です。スマート印字は、基本的なロット印字をさらに改良し、印字内の特定の文字を変更して検証することで、無許可の第三者が複製するのをより困難にします。

下記は、現在印字されているロット番号に、よりセキュリティを強化するためのいくつかの方法です。

スマート印字技術説明仕組み
人が検証できる印字これらの印字は、特定の数まで桁を追加したり、特定の桁に別の桁を掛けるなど、ある種の事前定義されたルールまたはパターンに従っています。サプライパートナーが受け取った製品が正規品であるかどうかを視覚的に確認できる基本的な方法
インターリーブドマーキング 英数字印字内でプログラムにより選択された2つ以上の文字が部分的に重なっています。プリンタとコントローラの両方にカスタムソフトウェアをインストールすることで、インターリーブマーキングは、容易に判読でき、複製が困難なため、さらなる印字保護を実現
フォントの動的な変更各製品に固有の印字を作成するために、異なる文字や数字の小さなセグメントを欠落させたソフトウェア生成印字。微妙に変化するフォントは、素人目には認識しにくいため、サプライチェーン・パートナーが製品の真正性を証明するために目視で検査可
機械が検証する印字 独自のソフトウェア主導のアルゴリズムによって作成された印字は、サプライチェーン全体を通して透視システムでスキャンされ、追跡することができます。アルゴリズムとキーの知識がなければ複製が不可能で、検証可能な印字は各品目にユニークなフィンガープリントを追加

ビデオジェットのソフトウェアは完全なランダム印字、派生コード、電子製品コード(EPC)構造の生成、または外部ソースから事前に生成された印字の管理を行い、サプライチェーンシステム全体で製品の各ユニットの追跡を可能にします。

ビデオジェットのスマート印字

  • アルゴリズムにより生成
  • アルゴリズムとキーの知識がないと複製は不可能
  • 導入が容易(生産コストの増加は最小限)
  • 検証とトレーサビリティの複数の層に対して集約可能

無料相談・お見積りはこちら

03-6374-8719