スマート印字ソリューション

生産ラインの個々の製品に対して一意の単品製品 番号を生成します。通常、現在使用されている のと同じデジタル印字技術が使用されます。

スマート印字は意図されて いない第三者による模倣が 困 難であるため、効果的な 偽造横流し防止システムの 重要な基礎となります。

偽造や横流しを防止することは難題です。通常、グレーマーケットやブラックマーケットの参加者 は、他社の製品を複製または転売して利益を得るために手荒い方法を用います。しかし、スマート 印字を使用すると、認定ベンダーはより容易に製品の信頼性を保証できるようになります。

製品のどこかに耐久性の高いロット番号を印字することは、保護の第一歩です。スマート印字は、 印字内の特定の文字を変更して検証することにより、基本的なロット番号を強化し、無許可の第 三者による印字の複製をより困難にします。

下記は、現在印字済みのロット番号のセキュリティを 強化するいくつかの方法を示しています。

スマート 印字技術 説明 仕組み
人が検証 できる印字 これらの印字はある種の事前定義 されたルールやパターンに従う。た とえば、特定の数まで桁を追加し たり、特定の桁に別の桁を掛ける など。 受領した製品が承認されているか どうかを、サプライパートナーが目 視検査するための基本的方法 。
インターリー ブドマーキング 部分的に重複している英数字印 字内のプログラムにより選択され た 2 つ以上の文字。 プリンタとコントローラーの両方 でカスタムソフトウェアによっての み 行 わ れ る 。イ ン タ ー リ ー ブ ド マ ー キングは、判読が容易だが複製が 困難であるため、印字の保護能 力を向上させる。
フォントの 動的な変更 ソフトウェアにより生成される印 字。各製品に一意の印字を作成す るために、異なる文字や数字から 成る小さなセグメントが欠けて いる。 微妙なので訓練を積んでいないと 認識できない。動的に変更された フ ォ ン ト は 、サ プ ラ イ チ ェ ー ン の パートナー側で製品の信頼性を 立証するために目視検査できる
機械が検 証する印字 独自のソフトウェアアルゴリズムに より生成される印字。サプライ チェーン全体で透視システムによ りスキャンして追跡できる。 アルゴリズムとキーの知識がない と複製が不可能。検証可能印字 は、各品目に一意のフィンガプリン トを追加する。



ビ デ オ ジ ェ ット の ソ フ ト ウ ェ ア は 、完 全 な ランダム印字を生成し、 EPC ( 電子製 品コード ) 構 造 を 組 み 込 む か 、ま た は 外 部ソースから事前生成された印字を制 御して、サプライチェーンシステム全体に おける各製品ユニットの追跡を可能にし ます。

ビデオジェットのスマート印字

  • アルゴリズムにより生成
  • アルゴリズムとキーの知識がないと複 製が不可能
  • 導入が容易 ( 生産コストの増加は 最小限 )
  • 検証とトレーサビリティの複数の層に 対して集約可能

お問い合わせ

営業およびカスタマーサービス
03-6380-7080

修理依頼および技術サポート

0077-78-0052