医薬品へのシリアルナンバー印字

医薬品へのシリアルナンバー印字

すべての製造施設の58%がFMD(偽造医薬品指令)またはDSCSA(医薬品サプライチェーン安全法)の影響を受けた生産ラインを有しています。

製造施設のすべての1つの生産ラインが影響を受け、10%が15以上の生産ラインが影響


約半数のライン(48%)がまだシリアルナンバー印字未対応です。


医薬品包装はブリスター包装と薬瓶が大半です(注射器は少数)。


法規制の影響を受ける生産ラインでは、75%がアプリを参照し、半数の製品がカートンに入れられており、大半(69%)では少なくとも10%がカートンに入れられています。
つまり、57%がカートンに入っていることになります。


多くの製造施設(21%)では、影響を受ける製品の少なくとも75%がバンドルされており、半数以上では、製品の少なくとも一部がバンドルされています。


66%のラインがシリアルナンバー印字未対応で、今後12ヶ月の間に何のアクションも計画されていません。


69%の医薬品メーカーは、すべての生産ラインで標準的なシリアルナンバー印字を検討しています。


回答者の60%はプリンタメーカーから直接シリアルナンバー印字用のプリンタを購入し、さらに26%はシステムインテグレータから購入する予定と答えています。


製薬会社の77%がビデオジェットを推奨する見込みです。

関連資料

医薬品のサプライチェーンにおけるセキュリティ課題と印字技術

医薬品包装/パッケージへのシリアルナンバー印字に関する技術紹介

シリアルナンバー印字とグローバルなトラック&トレースのためのサーマルインクジェット

トラック&トレース – 患者さんには信頼感を、サプライヤにはコストと偽造防止能力を提供します。


推奨製品

シリアルナンバー
印字への対応

お気軽にご相談ください