シリアルナンバー印字

ご存知でしたか?


















すべての製造施設のうち 58 % の施設に FMD (偽造医薬品指令) または DSCSA (医薬品サプライチェーン安全保障法) による影響を受ける
生産ラインがあります。

16 以上の生産ラインに影響がある製造施設はそのうち 10 %。


半数近くの生産ライン (48 %) がシリアルナンバー印字未対応です。



ほとんどの医薬品包装はブリスター包装と薬瓶 (注射器も多少あり) です。


法規制の影響を受ける生産ラインの 75 % で、約半数の製品が厚紙製の箱に入れられ、
ほとんど (69 %)の生産ラインで少なくとも 10 % の製品が厚紙製の箱に入れられます。
つまり 57 % が厚紙製の箱に入れられます。


多く の製造施設 (21 %)で影響を受ける生産ラインの 75 %で製品がバンドリングされ、
半数以上の施設で製品の一部がバンドリングされます。



シリアルナンバー印字未対応の生産ラインの 66 % で、今後 12 か月以内のアクションが計画されていません。


69 %の医薬品メーカーが全生産ラインへの標準的なシリアルナンバー印字を検討しています。


回答者の 60 % が、シリアルナンバー印字用のプリンタをプリンタメーカーから直接購入し、26 % がシステムインテグレータから入手すると答えています。


医薬品メーカーの 77 % がおそらくビデオジェットを推奨するでしょう。



将来の規制遵守のニーズを満たす

PDF をダウンロード


医薬品包装のシリアルナンバー印字に関する技術紹介

PDF をダウンロード


グローバルなトラック & トレースのための
サーマルインクジェットプリンタ

PDF をダウンロード




トラック & トレース
患者に信頼感を、サプライヤにコスト管理と偽造防止能力を届けます。

詳細はこちら

推奨製品


詳細はこちら


シリアルナンバー
印字への対応

お話をお聞かせください


お役に立ちましたか?
医薬品の印字に関する最新ニュースをお届けします。
以下フォームにご入力ください。

お問合せ先

営業: 03-6380-7080

修理・技術サポート: 0077-78-0052

チャットでお問合せ

メールでお問合せ

フォローする:

© 2019 Videojet Technologies, Inc.