バルブジェット方式(包装業界における効率的な方法)

段ボール箱の印字

過去20年間、バルブジェットは主に段ボール箱への印字に使用されてきました。この方法は、技術的に最もシンプルなインクジェット印字方法です。

比較的低い圧力

装置にはインクシステムが組み込まれており、比較的低い圧力でインクを保持することができます。さらに、筐体には電子制御装置とプリントヘッドが搭載されています。プリントヘッドは、インクシステムおよびコントローラーと柔軟性のあるラインで接続されています。

ノズルへのインク供給

インクはインクシステムからプリントヘッドに供給され、使用可能なノズルに供給されます。7個または16個のノズルがあり、一般的な直径は約200µmです。

バルブの制御

ノズルには個別のバルブが取り付けられており、必要に応じて開閉することができます。電子コントローラーは、インク滴が必要なときに該当するバルブを開きます。個々のインク滴はわずかな圧力で押し出され、素材に塗布されます。

  • 極めてシンプルなインクジェット印字技術
  • 梱包業界に最適

無料相談・お見積りはこちら

03-6374-8719

修理依頼および技術サポート

0120-336-058(フリーダイアル)

03-6625-4073(有料)

Vidyard Thumbnail
Videojet®︎ 2351/2361 大文字用インクジェットプリンタ紹介動画