バルブジェット方式

段ボール箱のコーディング

過去 20 年間にわたり、バルブジェットは主に段ボール箱にコードを印刷するために使用されてきました。 このインクジェット印刷法は、技術的な観点から言うと最もシンプルなものです。

比較的低い圧力

このデバイスにはインクシステムが統合されており、インクは比較的低圧に保持されます。 さらに、ハウジングには電子コントローラーと印字ヘッドが格納されています。 印字ヘッドはインクシステムに接続されており、コントローラーは柔軟性のあるラインを介して接続されます。

ノズルへの供給

インクはインクシステムから印字ヘッドに供給され、そこから利用可能なノズルへと送られます。 7 個または 16 個のノズルがあり、直径は通常、約 200µm です。

バルブの制御

ノズルには個々にバルブが装着されており、必要に応じて開閉します。 電子コントローラーは、インクの滴が必要になると該当するバルブを開きます。 個々のインクの滴はわずかな圧力で押し出され、素材に塗布されます。

  • 非常にシンプルなインクジェット印刷技術 
    - 梱包業界に最適

サポート・サポート・お問い合わせフォームはこちら

製品内容、営業訪問、サンプル印字、デモ、お見積りなどご希望をお気軽にお問合せください。

お電話でのサポート・サポート・お問い合わせ
03-6380-7080
 (平日9:00-17:30)

お問い合わせ

営業およびカスタマーサービス
03-6380-7080

修理依頼および技術サポート
0120-336-058(フリーダイアル)
03-6625-4073(有料)