ボトル充填機とは

ボトル充填機とは

ボトリングラインの中でもっとも重要な部分は、間違いなくボトル充填機です。ボトル充填機は、最終製品に直接触れる唯一の機械であるため、衛生面や最終製品の品質の面で最大限の信頼性を確保しなければなりません。つまり、充填段階で製品の特性を維持し、洗浄が容易で、特に汚染に敏感な製品に接触する場合は簡単に滅菌できることが必須です。

充填段階において、包装される液体製品は、泡状、濃縮、クリーム状、液状、粉末状、顆粒状など、さまざまな種類があります。これらの製品は、ボトル、ガラス瓶、ポット、ジャー(広口瓶)、缶、タンク、バケツ、缶、バッグ、サック、バッグインボックスなどの特殊な包装タイプで供給されます。

充填機にはさまざまなタイプ(負圧、重力、等圧)があり、バッチ式注入器を備えた体積充填機、電子または機械式計量装置を備えた重力充填機、一定レベルの陰圧充填機(非常に硬質の受容器にのみ適している)などを利用することができます。これらの充填機は、完璧な動作と卓越した精度を保証するために設定・較正されています。

ボトル充填機に推奨される印字ソリューション

  • お役立ち関連資料
飲料品への印字

飲料品への印字

最高速で稼働するライン、結露、短時間での段取り替え、わずかなダウンタイムがもたらす大きな損失など飲料品の工場には対処しなければならないさまざまな問題があります。製品への印字は必須ですが、印字工程が生産ラインの順調の稼動の妨げとなることは許されません。

×

ダウンロードの前にアンケートにご協力ください(1分)

乳製品への印字・マーキングに関するパンフレット

包装デザインの変更、製品フレーバー数の拡充、製品切り替えの増加、短い消費期限、衛生的な製造環境と製品の安全性の重視、これらすべてが、効率的な生産へのプレッシャーを増大させて、正確な製品の賞味期限と追跡情報を表示する重要性を高めています。

×

ダウンロードの前にアンケートにご協力ください(1分)

ボトル充填機のその他のコンテンツ