カートンラベラー

半自動および自動箱詰め機に組み込める ラベリングソリューション

製品が一次包装で個包装されると、他の複数の同一製品とともにカートン箱に入れられることがよくあります。その後、これらのカートン箱は他の箱詰めされた製品とともに、配送用の大きな外箱に入れられます。最後に、ひとかたまりの外箱が組み立てられてパレットロードとなります。これは、同一製品のユニットロードの可能性もありますし、同じ出荷先に出荷される別々の異なる製品が混載されている場合もあり得ます。

これは複雑なプロセスであり、一次包装、カートン包装、外箱包装を識別するためには鮮明なマーキングと印字が必要不可欠です。これは、パレットロードへの集約とその後の流通の進捗を追跡するためにも、目的地に無事到着したことを確認できるようにするためにも重要なことです。カートンラベラー はこの取り組みにおいて重要な役割を果たします。

カートンラベルへの印字内容として、住所や製品説明などの人間が判読できる情報のほかにも、識別情報や追跡情報を通常は一次元または二次元バーコードの形で載せることができます。包装および流通システム全体でスキャナがカートンの箱を迅速に識別し、集約、パレットロード、出荷先への流通というプロセスを移動して行けるようにするには、カートン箱のバーコード印字は明瞭ですぐに判読できるものであることが不可欠です。

カートンラベラーがラベルをカートン箱に貼付する際、多くの場合、カートン箱は生産ライン沿いに高速で移動しています。このとき多くの場合、感圧ラベルから剥離紙を剥がしてからカートンに貼付する作業が発生します。カートンラベラーはプロセスを完了し、ラベルをスムーズに貼付し、重要なラベル情報を覆い隠してしまいかねない皺の発生を回避し、それでいて生産プロセスの速度を落とさないようにする必要があります。

カートンラベラーは、小型のカートン箱から満載のパレットロードまで、さまざまなサイズの対象にラベルを貼付します。そのため、ラベルをしっかりと貼付するための複数の方法が利用可能です。ラベルの吹き付けやタンプ式などもあります。パレットにラベル貼付する方法として、 カートンラベラーにラベラー本体から延伸するアームを組み込むことにより、ラベルをパレット表面に貼付するというものがあります。外箱には、ラベルを外箱の縁の周囲に貼付することがあります。こうすることにより、2 方向どちらからでもスキャンできます。カートンラベラーの中には、オンデマンドでラベルを印字してから貼付する機能を兼備しているものがあります。

カートナーは、カートン箱を成形し、中身を充填し、箱を密封する、より大規模な機械の構成要素です。カートナーは全自動化プロセスまたは一部自動化されたプロセスで導入可能です。

カートン箱の封函機は、半自動または全自動でカートン箱を密封できる包装機です。また、カートンを密封するために上蓋を折りたたむだけでなく、必要に応じて粘着テープを使用します。

このように多種多様な装置の中から選択できるため、企業は自社の操作に最適なシステムを選ぶことができます。