一般的なカートンの使用用途とは?

製品導入に関するご相談・サンプル等の依頼はこちら
無料サンプル作成・デモも承っております。

製品に関するお問い合わせ
03-6380-7080

段ボールは、無地で、あらかじめ裁断、長手方向に接着剤で接合されており、通常は平らに折られています。段ボールの一端から挿入して製品を収納するように設計されています。

段ボール内部

カートニングアプリケーションは、複数のフローの完璧な組み合わせを必要とし、まったく異なるタイプの資材、段ボール構造、製品の寸法と形状、および封緘方法を統合できます。段ボール自体は、基本的な平坦な形状ですが、複雑な折りたたみやホッチキス止めを施すことで立体の箱やトレイが完成します。製品は、例えば「ピック&プレース」システムやロボットを使用して、箱の中に配置されます。その後、箱は封緘され、別に組み立てられた箱に収納されます。

段ボール外部

カートニング工程は、多くの場合、ブリスター包装、接合、コンディショニング、その他の動作と組み合わされるため、送り込み、分類、搬送操作や、この手順で必要となるその他のプロセスなどと統合されます。これらすべてのプロセスを同時に行うため、それぞれの場所に正確に配置することが必要です。多くの場合、迅速性も求められます。

対象製品

乾燥パスタ、シリアル、塩、砂糖、ビスケット、冷凍食品、チョコレート、菓子、小麦粉、各種ペットフードなど、段ボールに垂直に挿入するバルクまたはパック済みの食品。通例、洗剤の粉末や固まり、肥料、殺虫剤、重曹、接着剤、グラウトや粉状の製品などの化学製品に加えて、バッグ、ボトル、またはガラス瓶に収納済みの液体あるいはその他の製品。金属またはプラスチックハードウェア、植物の種、従来製品または革新的製品は、対象製品一覧への記載の有無にかかわらず、分析され、さらに適した備品で包装されます。

関連記事


おすすめのソリューション