半自動/全自動カートナーとは?

製品導入に関するご相談・サンプル等の依頼はこちら
無料サンプル作成・デモも承っております。

製品に関するお問い合わせ
03-6380-7080

半自動カートナー

半自動カートナーでは、縦型または横型のいずれの場合も、製品は作業員によって手動で段ボールに詰め込まれます。自動で行われない分、機械の操作は簡単になりますが、生産スピードとスループットが大幅に低下し、また多くの作業員が必要となります。

自動カートナー

自動カートナーには、連続モードと間欠モードの 2 つの種類があります。連続カートナーは特に高速ラインに適しており、一般的には、取扱いのための特別な機能を必要としない固体または定形の製品向けとなっています。連続運転により、製品を連続的かつ精巧に挿入することができます。高速頻度 (1 分につき60 箱から 400 箱超) の場合、大抵は、自動フィードシステムを使用する際に適しており不可欠でもあります。これらのカートナーにはよくアクセサリユニットが付いており、たとえばイラスト入りリーフレットを折って自動的に挿入したり、エッチングやインクによるマーキングを施したりすることができます。連続または間欠式カートナーは、製品を横積みで段ボール箱に梱包して、ホットメルト接着またはフラップの差込みにより封緘するように設計されています。製品は作業員による手作業、または同期をとった機械装置や電子装置を使って詰め込むことができ、生産ラインから製品を収集して、機械のコンパートメントに自動的に移送します。

関連記事


おすすめのソリューション