食品包装のためのマーキング・印字ソリューション

食品包装とは

食品包装とは、食品とじかに接触するか、生産されてから流通を経て最後に顧客に配送されるまでの食品製品を格納するために使用する包装を指します。食品製品を包装する目的は、外部の影響、変質、混入および不純物から食品を保護することです。

食品包装のさまざまな種類

食品包装の主な種類には、ガラス容器、真空包装、無菌容器、プラスチック包装、缶包装、厚紙包装、木材包装、長期耐用包装、アイスクリーム包装、金属包装、ラミネート包装、ジュース包装などがあります。穀物や冷凍食品などの一部の食品製品は、厚紙製の箱の中にさらにプラスチック袋で包装された 2 種類の包装を組み合わせて包装されることが多く、「バッグインボックス」包装と呼ばれます。

梱包の種類や充填時の状況 (乾燥した埃っぽい状況から湿気のある寒冷な状況まで) が何であれ、製品の識別、日付やロットのマーキング、製造と流通工程を通じたトラッキング(トレーサビリティ)のために、充填された各包装に鮮明にマーキングすることが必要不可欠です。

食品製品へのマーキングに使用できる機械

産業用インクジェットプリンタサーマルインクジェットプリンタ産業用サーマルプリンタレーザーマーカーなど、広範囲な印字機が包装にマーキングするために使用できます。これらの多様な印字機を活用すれば、どのような環境にも、どのような包材にも、インクベースのシステムを使用する場合はどのような種類のインクにも、最適に作動し、製品や包装に高品質のマーキングを行う最適なシステムが必ず存在します。

保健当局は通常、包装を食品製品の保存、輸送、取り扱いを確実にするための容器だと定義しています。包装の主な目的は保護と保存ですが、包装は印字された重要な情報も伝えます。賞味期限、製造日、バッチ番号、栄養成分情報などです。これらの警告や製品情報は、包装自体への印字の一部であり、充填後に二次工程で印字機やマーキング装置によって包装に印字される場合や、貼付されたラベルに記載される場合があります。 食品包装は長年にわたって発展するにつれ、多くの企業が自社食品製品を消費者に向けてマーケティングするための重要な手段のひとつにもなりました。小売棚に並ぶ食品包装は、印字やグラフィックのブランドマーケティング情報、ならびに原材料名や健康上の利点に関する詳細な情報を伝えることができ、消費者の購入意欲を醸成するのに役立ちます。消費者の食卓では、同様の情報の力で継続するブランドロイヤルティが築かれ、繰り返しの購入につながることが少なくありません。