一般的な食品包装とは?

製品導入に関するご相談・サンプル等の依頼はこちら
無料サンプル作成・デモも承っております。

製品に関するお問い合わせ
03-6380-7080
070-1002-1587

食品パッケージは、食品に直接触れるもので、その生産段階から消費者への最終配送まで食品を収容するために使用されます。また、食品を外部からの影響、変質、汚染、および異物混入から保護するために使用されます。主な目的は、食品の保護、保存、および情報の印字 (賞味期限、製造日、バッチ番号、栄養成分表など) です。衛生保健機関は、通常、パッケージを食品の保存、輸送、および取り扱いを徹底するように作られた容器として説明しています。食品の主なパッケージの種類としては、ガラス容器、真空パック、テトラパック容器、プラスチックパッケージ、缶パック、段ボールパッケージ、木製パッケージ、長期保存パッケージ、アイスクリームパッケージ、金属パッケージ、ラミネート包装、およびジュースパックなどがあります。

関連記事


おすすめのソリューション