賞味期限

「賞味期限」とは、食品、飲料品、その他消耗品を購入して良いかどうかをその製造・包装時期を基に購入者が判断できるようにするためのものです。消費者に対するこのような警告の多くは行政によって定義され、買い物客が商品を選ぶときのひとつの基準となります。

 製品が包装される条件によっては、これらのメッセージを鮮明にマーキングすることが困難になります。特に飲料品や冷凍食品は包装の表面に湿気が残る可能性のある環境で処理されるため、鮮明なマーキングが難しい場合がよくあります。包装や環境の条件がどうであれ、賞味期限印字機は耐久性の高い印字が可能でなければなりません。さらに、このような製品を充填する生産ラインは高速で稼働することが多く、印字装置は高速で鮮明な印字が可能でなければなりません。

 このような生産ラインの生産性確保はメーカーにとって死活問題です。賞味期限日付コーダーといった生産ラインに必要不可欠な要素がマーキングを停止すると、生産ラインが停止し、生産性に直接影響します。したがって、これらのプリンタを信頼性がきわめて高くなるように製造すること、使用する消耗品 (インクと溶剤いずれも含む) の残量が少なくなった時に効率的に交換する必要があります。

最新の効率的な日付コーダーの多くには、消耗品を綿密に監視する機能が取り入れられており、ユーザーは交換時期を把握することができます。残量レベルのアラートは、プリンタの HMI 画面に送信したり、テキストメッセージによって生産ラインにいるオペレーターや管理者に直接送信したりできます。これにより、消耗品の交換に必要なダウンタイム (稼働停止時間) を最小限に抑え、生産ラインの高生産性の維持に貢献します。

おすすめの印字機