ラベラーとは

ラベラーの用途は、製品、個包装、厚紙製の箱、外箱、パレット積荷にプレプリントされたラベルを貼付して、それらの固有品目を識別することです。また、メーカーのブランドイメージを促進するために、製品にラベルを貼付するという用途もあります。これらのラベルの内容は、識別に使用する単純な白黒のバーコード、一次元または二次元バーコードから、目を引くブランド認知された複雑な多色製品ラベルまでさまざまです。

ラベラーは用途やニーズに応じてさまざまな設計と構成のものを利用できます。半自動プリンタ搭載ラベラーは、個々の製品に貼付するラベルを手動で貼付するように設定されています。全自動ラベラーは生産工程に統合され、生産ライン上を通過する製品にラベルを貼付します。

これらのラベリングシステムには、包装や出荷する積荷に貼付するラベルを個別に作成するプリンタ搭載ラベラや、外箱の内容を記録するケースラベラーが含まれます。これらのラベリングソリューションは、製品を識別するだけでなく、流通業者や小売業者のニーズを満たすために、製品の原材料、製品の保管温度、ブランドオーナーのブランドイメージ、配送先住所などを記録したラベルを貼付することもできます。顧客が必要とする種類のサイズを印字することや、文字やバーコードを必ず鮮明で読みやすくすることもできます。

生産ラインでは、ラベリングシステムは他のラインシステムと統合され、ラベルを貼付する製品や包装を自動的に受け取ります。

ラベラーは、製品、包装、パレットに一意の識別子や出荷情報を提供する必要がある場合に重要なシステムです。これらのラベルは、流通チャネルを通じて製品が正常に移動するために重要な役割を果たします。たとえば、正確なラベリングが行われずに小売業者のドックに到着した製品のパレット積荷は拒否され、メーカーの費用で返品される可能性があります。

同様に、個別製品や包装にブランドラベルを貼付するラベラーは、これらのラベルを非常に正確に貼付できる必要があります。ラベルにしわやずれがあると、製品のブランドイメージが傷付く恐れがあるためです。場合によっては、貼付されたラベルの適切な配置と状態を確認する目視検査システムもラベリングシステムに組み込まれます。

関連記事

おすすめの印字機