製品のラベリング

製品が包装されると、消費者は製品に直接触れることができなくなります。製品を識別し、説明するのは包装ラベルに記載された情報の役目であり、消費者が情報を得たうえで購入するのに役立ちます。このため、ラベリングは製品を示すために必要な部分になるだけでなく、製品メーカーにとって重要なマーケティングや販売のツールにもなります。

ラベルは製品を包装する製品メーカーにとって重要です。なぜなら、ラベルは製品メーカーが消費者と直接つながる箇所であり、製品とそのメリットを説明できるからです。包装ラベルに印刷された鮮明な写真とカラフルなグラフィックは、製品やブランドのイメージを消費者に印象づける上で重要な役割を果たすことが少なくありません。

ブランドイメージの確立に加えて、ラベルには、製品がどこで誰に製造されたかという情報を記載し、効果的な使用方法の説明を含めることもできます。食品のラベリングにより、製品の個々の成分、その正確な重量、消費期限が識別されます。ラベリングには、食品を安全に保管し、準備する方法の詳細も記載されることがよくあります。

 医薬品には、薬物を流通システム全体にわたり追跡するのに役立つ、固有の個別識別情報を記載する必要があります。ヨーロッパでは、潜在的に有毒な化学物質には UFI (固有の成分識別子) を記載し、危急の際に中毒事故管理センターが適切な治療をアドバイスできるようにする必要があります。これらのコードは包装された製品に生産ライン上で印字されます。通常は印字されるとただちに視覚検査装置によって検査され、完全性と読みやすさが確保されます。このような必須印字の規制は、新しい現場での使用を含め、変更される可能性があるので、医薬品メーカーは、コンプライアンスに準拠するために規制の変更を常に把握し、遅れをとらないようにしなければなりません。

ラベル情報は包装に直接印字しても、別の紙やプラスチックのラベルにプレプリントしてから、生産ライン上で包装表面に自動貼付してもかまいません。ラベルは生産ライン外で印字しても、生産ライン上で貼付前に印字してもかまいませんが、このようなラベルは通常、英数字テキスト、バーコード、一部の単純なグラフィックスに限定されます。ラベルは外箱、厚紙製の箱、缶、円筒ケースに印字されるのが最も一般的です。そしてボトル、瓶、一部の食品缶に貼付されることが非常によくあります。軟包装材にはどちらの方法でもラベルを貼付できます。           

包装または貼付されたラベルのどちらに印字する場合でも、製品を包装する場合は、印字されたラベル情報が完全、鮮明で、読みやすいことが特に重要です。貼付されたラベルのぼやけた印字、破れ、折り目が原因となり、アレルゲンなどの危険な成分や有効期限が判読不能になると、消費者の健康と安全に直接影響が及ぶ可能性があります。製品の包装やラベリングを行う際に、画像のマーキングがぼやけたりずれたりしても、メーカーのブランドイメージに良くない印象をもたらします。