産業用バーコードラベルプリンタ

産業用バーコードラベルプリンタを使用すると、メーカーは可変情報を含むラベルを作成してから、オンデマンドでラベルを印字して、製品または包装に直接貼付できます。ラベルには、アルファベットと数字テキスト、シリアル番号、二次元および一次元バーコード、パーソナライズ、グラフィックスなどの情報を含めることができます。

最新の産業用バーコードラベラーは、速度と信頼性が向上し、それでいてより安価になりました。しかも、1 分あたり 100 箱もの高い処理能力を実現できます。プリンタ搭載ラベラーには過去最高の柔軟性が備わっています。有線イーサネットと無線イーサネットを使用するネットワーク通信がともにサポートされ、プロセッサの速度が増加し、マシンと生産ラインのリアルタイムステータス情報を入手できるまでになりました。ラベルの情報をラベラーにリモートで直接ダウンロードできます。

最高品質の印字の鮮明さが必要な場合、プリンタ搭載ラベラーが他の技術に優先して選択されるのが一般的です。この高品質のラベル印字の一例は、二次元バーコードが必要な場合や、高密度 GS1-129 バーコードを印字する必要がある場合です。白い背景に濃い色で印字すると、コントラストが最高になり、結果として二次元および高密度バーコードのスキャンの信頼性が高まります。多くの場合、プリンタ搭載ラベラーが選択される理由は、小売業者の顧客がバーコード誤読時に支払いを取り消したり、特定のバーコード品質を満たさない仕入れ業者に罰金を科したりするためです。単に他の技術に優先してラベルを指定する小売業者も存在します。

プリンタ搭載ラベラーでは、産業用インクジェットプリンタやレーザー印字ソリューションほど正確なマテリアルハンドリングが必要でないため、この技術を使用する際の初期資本コストを削減できます。

一般にプリンタ搭載ラベラーのほうがインクジェットプリンタより低価格で、コスト範囲はソリューションにもよりますが平均 $13,000~$35,000 です。高速のユニット、複数のラベラー、 洗浄筐体は価格帯の上限にあるのが一般的です。ラベルのコストのために、プリンタ搭載ラベラーはインクジェットプリンタやレーザープリンタより運用コストが高いことが一般的です。

プリンタ搭載ラベラーは、外箱、パレット、シュリンクフィルムへの高解像度のテキスト印字、バーコード印字、画像印字に最適です。このような産業用ラベルプリンタにより、並外れたバーコード読み取り速度を可能にする高コントラストの印字が実現します。