フードグレードのラベル

フードグレードのラベルとは、食品および飲料品に直接または間接的に貼付できるように政府規制当局が設定した基準に準拠したラベルです。直接ラベルとは、リンゴや他の果物や野菜の皮に貼付されるような、食品の表面に貼付されるラベルです。間接ラベルとは、食品や飲料品に接触する可能性がある包装に貼付されるラベルです。

ラベル印字をフードグレード準拠で安全に使用できるとみなすには、ラベルの印字に使用するインクと、ラベルの接着に使用する接着剤に適用される規制を満たさなければなりません。米国内ではこれらの規制は米国食品医薬品局 (FDA) によって、ヨーロッパでは欧州委員会 (EC) によって、制定および監視されています。

直接ラベルと間接ラベルの両方に、規制当局が要求する印字が記載されます。これらの印字は通常、承認されたインクを使用して、ラベリング工程中にプリンタ搭載ラベラーによってマーキングされます。

 新製品の開発に伴って変化しますが、米国には、食品および飲料品との接触を許可された材料、たとえばインクや接着剤などのリストがあり、その材料を製品や包装に添付するのを許可された方法、たとえば瓶のラベルなどのリストがあります。このリストには、食品との直接または間接的な接触が許可される材料が記載されています。

 フードグレードの承認を得るために直接ラベルを評価する場合、規制は特に厳格です。これらのラベルは、ラベルが濡れたときにラベルを貼られた食品に移行する可能性がある印字インクを使用してはなりません。さらに、ラベルがはがされた後に、ラベルを貼られている製品に接着剤が残留してはなりません。一部が残留する場合は、摂取しても安全であることを示す必要があります。

フードグレードの間接ラベルは直接ラベルほど重大ではありませんが、危険な化学物質が誤って摂取されないように、やはり厳密に規制されています。たとえば、食品や飲料品の包装ラベルは冷蔵状態でなくなると濡れることがよくあります。ラベル印字に使用するインクや接着剤が承認を受けるには、濡れてもにじまず、誤って摂取される危険がないことを示さなければなりません。