産業用ラベラー

ラベラーの需要は企業によって大きく異なります。製品を製造・販売するほぼすべての企業は、自社の在庫管理のため、規制基準を満たすため、または消費者がニーズに合った正しい製品を選択するのを助けるため、製品にラベルを貼付する必要があります。しかし、会社の規模、市場の規模、流通方法の範囲のすべてが、企業のラベリングの要件に影響を及ぼします。

 小規模なメーカーは、手で貼付するラベルを通常はよく使用します。プレプリントしたラベルでも、単純なラベル自動印字貼付機が作成したラベルでもかまいません。中規模のメーカーには、加速する生産に合わせるために、より高度なものが必要になることもあります。しかし、企業規模が非常に大きくなり、広範囲、さらにはグローバルな市場に多数の製品を出荷するとき、ラベリング最大の課題が生じます。このようなメーカーには、広範なラベリングのニーズを満たすために、産業用ラベラーが必要です。これらは高速で稼働する信頼性の高い自動ラベラーです。

 近年、従来の自動ラベラーの技術は本質的に変わらないままですが、ラベル自動印字貼付機は進化のような著しい変貌を遂げました。設計を大幅に変更したことで、オペレーターが機械的な調整を行う必要性が減少、さらには完全になくなり、過去に生産遅延の原因となった消耗部品や故障点が排除されました。機械制御はより正確になり、ラベルアプリケータの必要性がなくなりました。

今日の電子制御の産業用ラベラーは、最適な品質の外箱ラベルを印字し、何時間にもわたって毎分最大 150 箱に正確に貼付することができます。そして、ラベル内容を選択してから、組み立てた後にラベルを配置し、ラベラーの HMI 画面で目視により承認するまでの工程は、機械的ではなくデジタルです。

その結果、今日の産業用自動ラベラーは、信頼性の高い性能とメンテナンス不要の生産性を同時に実現しています。