パレットへのラベリングとは

パレットへのラベリング

パレット包装は、出荷前にパレットに積まれた商品の保護梱包を行うものです。パレットには、同じ商品のケースを多数積み重ねたユニットパレットと、異なる放送や箱詰めされた商品を同じ宛先に出荷するため一緒にパレットに積み重ねた多様なパレットがあります。パレット積荷は、アームの付いたパレット包装機で包装され、ストレッチフィルムが貼られます。また、このフィルムは、風雨などの環境から荷物を保護する役割も果たしています。ストレッチフィルムは元の形状に戻ろうとするため、配送先で開封され、商品が棚や倉庫に保管されるまでの間、荷物をしっかりと固定することができます。

適切な配送を行うためには、包装された各積荷に配送先情報をラベリングする必要があります。必ず無事に配送させるために、ラベリングは出荷前後の過酷なパレット移動に耐えるものでなければなりません。目的地に到着するまで、明確で読みやすく、しっかりと固定された状態を保たなければなりません。

特にパレットが混在している場合、パレットラベルはパレットの中身を反映することになります。このような場合、パレットラベルをスキャンすると、積荷の各品目のラベル情報が表示されます。

パレット積荷の規模が大きいため、小規模な事業所では、パレットラベルの貼付は、プリンタ搭載のハンディタイプの端末を使用して手作業で行われています。一方、パレットの処理量が多い大規模なオペレーションでは、生産性を維持するために自動化システムを使用しています。

充填されたパレットにラベルを貼るために、数種類の自動パレットラベリングシステムが使用されています。パレットにラベルを貼る場合、パレットの大きさやラベルの印字位置が遠いため、パレットのフィルムに向かってアームを伸ばしてラベルを貼るのが一般的です。各システムには、オンデマンドラベルプリンタ(通常はインクジェットプリンタ)と、ラベルを貼るための付属モジュールが含まれています。

例えば、重作業用タンプモジュールは、最大32インチ(約80cm)まで伸びるアームを備えています。ラベルプリンタで印字されたラベルは、アームに取り付けられた真空パッドで保持されます。パッドは通常チェーンドライブによって適切な位置に移動し、パレットのフィルム面にしっかりと貼付されます。

パレットラベリングシステムのもう一つのオプションは、頑丈なスイングアームラベリングモジュールです。これは、通常24インチ(約60cm)まで伸ばせるアームを含んでいます。この機械では、真空パッドが印字されたラベルを受け取り、アームを振ってパレットに貼り付けます。

ビデオジェットの自動パレットラベリングシステム

無料印字サンプル作成・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。
印字内容や印字対象物に合わせた最適な機種の選定もお手伝いいたします。

03-6374-8719

×

お電話の場合はこちら:03-6374-8719