シュリンクフィルムとシュリンクスリーブのラベル

シュリンクフィルムとシュリンクスリーブのラベルは、瓶やペットボトルなどの丸い容器の外側に配置してから、熱を使用して収縮させ、容器の形状に密着するように設計されています。ラベルを全方向から構成することにより、ブランド表記とカラフルなグラフィックスのスペースが一般に貼付されるラベルより大きくなり、店頭での印象が強くなります。

シュリンクフィルムのラベルは容器の主な本体を覆うように設計されていますが、シュリンクスリーブは容器全体を首のすぐ下から容器の下端までのみ覆っています。シュリンクラベルは一般に、それほど広くないタイプのラベルよりもコストがかかる傾向がありますが、包装された製品が店頭で目を引くことで付加価値が生じます。本体全体のシュリンクスリーブにすると、生産者の容器コストを削減することもできます。スリーブラベルが包装を完全に覆うことから、包装業者がコストがかからない汎用の容器を使用できるためです。

シュリンクフィルムとシュリンクスリーブのラベルは、耐久性と防水性のあるフィルムから作られているため、輸送中や取り扱い中にラベルが損傷しないための役に立ちます。グラフィックスは透明なラベルの内面に印字され、画像を摩耗や湿気による損傷から保護します。しかし、印字やその他のマーキングは、包装が生産ラインに沿って移動するときに、さまざまな印字技術によって貼付後のラベルの外面に追加されます。容器の表面に固着しないため、製品の使用後にシュリンクラベルをきれいに除去し、容器をリサイクルまたは再利用できます。

シュリンクラベルを印字し、カットし、少量の接着剤で継ぎ合わせてから貼付し、ラップまたは本体全体のスリーブを作成します。生産ラインでは、ラベルは充填された容器の場所に落下してからヒートトンネルを通過して、ラベルが所定の位置に収縮します。収縮装置には、放射熱トンネル、熱風トンネル、蒸気トンネル、またはハイブリッドトンネル (熱と蒸気の組み合わせ) が含まれる場合があります。多くの包装業者は蒸気トンネルを好みます。稼働するために使用するエネルギーが少なく、より良い結果が得られ、構成するのが簡単なためです。また、蒸気トンネルは比較的低温 (通常は 170〜180 度) を使用するため、ほとんどの充填済みの食品または飲料品容器が安全に通過できます。

シュリンクフィルムとストレッチフィルムにラベルを貼付するためのビデオジェットの産業用印字およびマーキングソリューションの詳細をご覧ください