ラップアラウンドラベル

ラップアラウンドラベルとは、容器の周囲を完全に囲むように貼付される柔軟なラベルです。これらのラベルはプレプリントされており、通常は充填およびキャップ装着工程後に生産ラインで貼付されます。大きなサイズと小分けの両方の瓶やペットボトルを含め、丸い包装ではほぼ独占的に使用されます。通常は目的のために特別に設計され、ラベルを表面に均等に配置できる指定の平らな領域がある容器に貼付されることもあります。

ラップアラウンドラベルは、容器の表面に直接貼り付けるか、貼付中にラップが完成したときにできた継ぎ目で封をして、緩いですがしっかりと保持された最終的なラベルを作成することができます。接着したラップアラウンドラベルは、漂白剤などの家庭用クリーニング製品のボトルで最もよく使用されます。緩く保持したラップアラウンドラベルは、ソフトドリンクや水の瓶やペットボトルによく見られます。緩く保持した形を使用する場合、完成したラベルが容器の上でずれるのに役立つように、容器がラベル領域の周りに隆起を付けて設計されることがよくあります。

ラップアラウンドラベルは容器の周囲全体に広がるため、ブランドオーナーにとって製品のブランド表記用の広い「土地」となり、グラフィックの視覚的画像を言葉とともに含めることができるようになります。このため、ソフトドリンクから牛乳その他の消費者向け飲料品まで、ブランドに敏感な製品で使用するために好評です。

ラップアラウンドラベルに製造コードまたは必要な規制コードおよび有効期限をマーキングする場合、ラベルの貼付後に産業用インクジェットプリンタ (小文字用) またはレーザーマーカーを使用してこれらのマークを印字することがよくあります。

緩い形のラップアラウンドラベルの最も広くみられる使用法は、飲料水とソフトドリンクの大型ボトルと小分けボトルの両方です。こうすると、このような価格に非常に敏感な飲料品の包装が経済的になります。ブランドオーナーはすべてのブランド表記と必須情報を記載するのをラベルに任せ、すべての種類の飲料品に標準のボトルを使用できるからです。ラベル自体も、費用対効果が非常に高く、低品質のプラスチックフィルムへの印字を利用し、継ぎ目の接着剤の量が限られるため、包装業者にとって恩恵となります。

より高級なブランド製品もラップアラウンドラベルを使用して、広い領域をブランド表記のために活用すると同時に、低コストの容器で独自のブランド表記を作成するという利点を活用しています。