レーザーマーキング機器

レーザーマーキング機器

レーザーマーキング機器の用途は、製品や包装に必要なコードやその他の識別マークをマーキングすることです。レーザーマーキングは非接触技術であり、他のマーキング方法に比べて多くの利点があります。高品質かつ耐久性の高い印字内容を生成しつつ、使用する消耗品が少なく済むことから、機器の稼働にかかる総コストが削減されます。

レーザーマーキング機器では、異なる出力の CO2 レーザー、ファイバーレーザー、UV レーザー光源など、数種類のレーザー技術を採用しています。このような豊富なレーザーの中から選択することにより、レーザーマーキング機器は、金属、低密度および高密度プラスチック、ゴム、木材、厚紙など、多種多様な素材に適切にマーキングできます。レーザーマーキングの用途には、プラスチックボトルまたはガラスボトルやその他の包装素材に製造情報や日付を印字することや、個々の金属およびプラスチックの製品や部品にマーキングすることなどがあります。

多くのレーザーマーカーには、レーザーの性能を最大化するために役立つレンズやビーム屈折ユニットなどのレーザーマーカー用アクセサリが組み込まれており、ライン上で動いていく製品や包装に効率的にマーキングできるため、生産性が向上します。

CO2 (二酸化炭素) レーザーは現在使用可能な最高出力のレーザーであり、さまざまな印字用途に使用されています。赤外線の CO2 レーザービームは、刻印技術と広範囲マーキングのどちらにも対応できます。

UV レーザーマーキング機器は、医薬品、医療機器、化粧品業界の製品や包装へのマーキングに最適です。改ざんや偽造を防止し、流通チャネル全体で製品寿命が尽きるまでブランドを保護し、トレーサビリティを確保できます。

ファイバーレーザーマーカーは一般的に、頑丈で高密度な素材へのマーキングに使用されます。汎用性の高いこのレーザーは、複雑なデータを高速でマーキングでき、操作が簡単であり、生産ラインに簡単に組み込むことができます。

レーザー機器が表面に印字を生成する方法として、3 つの基本的な方法があります。マーキング、エッチング、彫刻です。マーキングができるのは高温のレーザーにより製品や容器の素材の表面が変化するときです。特定の領域から素材が除去 (または蒸着) されたり、表面の色が変化したりして、素材表面に英数字印字または一次元および二次元バーコードが残る仕組みです。この印字は耐久性が高く、インクによる印字によくあるように湿気や洗浄用化学薬品によって溶解することがありません。

エッチングが行われるのは、ガラスや石などの硬い素材にマーキングする場合です。レーザービームが発する高熱により、レーザービーム接触面が急速に膨張し、素材が破損して欠けます。素材表面にレーザービームが接触する位置を制御することにより、欠けた箇所が印字になります。

彫刻では、集束レーザービームの熱によって製品の素材表面が変化あるいは蒸発すらして表面に印字内容が生成されたり、あるいは熱が塗装面を焼いて貫通し、その下にある素材が露出し、印字内容が作成されたりします。こうした場合に用いるレーザーの種類と出力は、マーキング対象の素材を見て決定します。