CO2レーザー刻印

CO2 (二酸化炭素) レーザーは現在使用可能な最高出力のレーザーであり、刻印を含む幅広いマーキング状況で使用されています。最高 2100 字/秒の速度の高性能 CO2 レーザー刻印機は、医薬品、タバコ、飲料品業界でのガラスおよびプラスチック包装材への高速かつ大量のマーキング用途に対応できます。多様な製品への刻印にも使用できます。

小規模の生産を行う CO2 レーザーも広く使用でき、多様な印字対象にわたる簡単な印字用途に効率的に対応できます。これにより、中小規模の稼働でレーザー刻印のメリットを手頃なコストで享受できます。

CO2 レーザー 刻印には、レーザーとコントローラ、および CO2 レーザー刻印が行われる表面が必要です。レーザービーム自体が刻印の工具です。コントローラは表面に刻印したいパターンをトレースするようビームを誘導します。コントローラは、表面に向けられるレーザービームの方向、強度、移動速度、幅を決定します。

レーザービームが表面に接触する点が焦点になるのが望ましいことです。この点は一般的に小さく、おそらく 1 ミリの数分の 1 未満です (光の波長によって異なります)。この焦点の内側の表面領域のみがレーザービームの影響を受け、材料の表面が変化します。表面が熱くなって材料が蒸発したり、材料が破損して欠けたりすることがあります。金属部品の塗装を切断することは、一般的に金属にレーザー刻印を施す方法です。

ビームの光エネルギーの高い割合が熱に変換されるため、レーザー刻印機では非常に効率的に材料が除去されます。この熱によって表面の材料が蒸発する場合は、発生する有害な塵や煙を取り除き、レーザーが刻印を続行できるように表面のゴミを取り除くために、ブロワーまたは真空ポンプを使用する換気が必要です。

レーザー刻印機は業界の生産ラインで使用され、レーザーによって文字と数字が刻印される結果、ラインに沿って移動する製品に日付、期限情報のマーキング、ロット番号が印字されます。このため、ライン上で移動中にプラスチックやガラス製の容器に印字できます。