ファイバーレーザー刻印

ファイバーレーザーマーカーは、硬質で高密度の材料を扱うメーカーのニーズに対応できるように開発されました。ファイバーレーザーマーカーは、レーザーマーキングの分野で非常に有望な結果を示した技術を使用しています。パルス持続時間が短いために熱の影響が最小限に抑えられ、ピーク時のパルス出力が高いために処理速度が上昇するため、マーキングと刻印の品質が他のタイプのレーザーに比べて向上しています。汎用性の高いこのレーザーは、複雑なデータを高速で刻印するのに役立ち、操作が簡単であり、生産ラインに簡単に統合できます。

ファイバーレーザーが他のタイプのレーザーマーキングに勝る利点は、レーザー光が柔軟媒体内で生成および照射されるため、目的の場所に容易かつ正確に照射できることです。このことは、金属やポリマーの正確なレーザー刻印にとって特に重要です。他にも、他のタイプのレーザー技術に比べて潜在的に高出力であるという利点があります。ファイバーレーザーは高レベルの連続出力をサポートするため、効率的な冷却が可能になります。ファイバーの特性により、光路の熱歪みも低減され、正確な刻印結果がさらに確実になります。

ファイバーレーザーは同等の出力のソリッドステートレーザーやガスレーザーと比較してコンパクトであり、高いピーク出力とナノ秒パルスにより刻印が向上します。より高い出力と優れたビーム品質により、すっきりした切り口と高速が実現します。ファイバーレーザーマーカーは、10、20、30、50 ワットから最高 100 ワットまでの出力レベルでも利用できます。つまり、さまざまな電力要件がある広範な稼働にバージョンを適用できるため、大規模な高速稼働と小規模な稼働の両方でコスト効率に優れます。

毎分最大 900 マーク (m /分) のマーキング速度を備えたファイバーレーザーマーカーは、生産スケジュールが厳しい稼働に最適です。耐久性が高い鮮明で正確なマーキングが、食品、飲料品、コンシューマ向けパッケージ品、医薬品に対して行われます。これらの業界は、高い生産性と印字の高コントラスト比をともに達成してトレーサビリティを確保するために、レーザー刻印機を必要とします。