ファイバーレーザーマーカー

ファイバーレーザーマーカー

ファイバーレーザーによる彫刻はレーザーマーキング分野における優れた技術であり、硬質かつ高密度の材料に対応できる技術として発展してきました。パルス持続時間が短いために熱の影響が最小限に抑えられ、尚且つピーク時のパルス出力が高いために処理速度が速くなっています。このため、マーキングの品質が他のタイプのレーザーに比べて優れているといえます。複雑なデータを高速で彫刻することが可能であり、操作が簡単、生産ラインに比較的容易に組み込むことが可能です。

マーキング分野におけるファイバーレーザーが他のタイプのレーザーより勝っている点は、他にもいくつか挙げられます。ファイバーレーザーはレーザー光がフレキシブル媒体内で生成・伝達されるため、目的の場所に容易かつ正確に照射することが可能です。他にも、「他のタイプのレーザー技術に比べて高出力になり得る」、「高レベルの連続的な出力を可能とするため冷却も効率的に行える」、「ファイバーの特性上、光路が熱によって歪む現象が軽減され正確な彫刻を行いやすい」といったメリットもあります。

ファイバーレーザーは、同等の出力の固体レーザーやガスレーザーと比較してコンパクトです。また、「ピーク出力の高さ」と「短いパルス(ナノ秒単位)」の特長により、はっきりとした見た目の彫刻が実現し、尚且つ高速の加工が可能です。尚、ビデオジェットのファイバーレーザーマーカーは10 W、20 W、30 W、50 W 、最高 100 Wまでの出力レベルのモデルをご用意しています。必要な出力が異なるそれぞれの用途に対して、適したレーザーマーカーをご案内いたします。高速ラインで大量生産をされるお客様だけ でなく小規模な生産を行われるお客様にも、コストパフォーマンスを考慮したご提案が可能です。

毎分最大 900 m /分 の生産ラインに追従するモデルは、厳しい生産スケジュールを組まれているメーカー様に最適です。消えにくい・鮮明・正確なマーキングは、食品、飲料品、コンシューマ向けパッケージ品、医薬品の分野でも役立ちます。これらの業界では生産性を高い水準でキープしつつ、トレーサビリティ用のはっきり見やすいマーキングを付加する工程が必要とされます。ファイバーレーザーマーカーは、このような業界からのニーズに適した印字機と言えます。