レーザーエッチング

レーザーエッチング

レーザーエッチングは、識別用の様々なコード (バーコードまたは二次元コード、複数行のテキスト、ロット番号、ロットコード、ロゴ、トレーサビリティコード、およびその他の重要な情報) を製品や包装に非接触でマーキング・彫刻するための技術であり、高い品質のマーキングが可能ですレーザーマーカーを使用したエッチングでは狙った領域を正確に変質させることができ、非常に見やすい印字を生成します。インクを用いていないため、印字した情報が滲んだりぼやけたりすることがありません。

レーザーエッチングは、航空宇宙自動車押出成形医薬品などの多くの業界で必要とされています。塗装の無い金属、コーティングや塗装が施された金属、ガラス、プラスチックなど、さまざまな素材に対応します。素材によって異なる出力レベルのレーザーが必要であり、適切な出力を選択できるかどうかで印字の出来栄えが大きく異なってきます。特定の用途に対して最も効果的なレーザーマーカーを導入するには、ユーザーとレーザーマーカーのメーカーとが協働することが不可欠です。レーザーエッチングを行う際には、作業員を保護するために集塵システムを追加する必要もあります。

「マーキングの品質が極めて安定している」、「施したマーキングが消えにくい」など、レーザーエッチングには他のマーキング技術に勝る重要な点がいくつもあります。そしてもう 1 つの重要な特長として、「レーザーマーカーは非常に高速で稼働できる」、という点が挙げられます。生産ライン上を移動する対象物にもマーキングを行うことができ、メーカーの生産性に直接的な影響を与えます。インクジェットプリンタと比べると、レーザーマーカーはインクや溶剤などの消耗品を使用しないため生産コストを抑えることができます。インクの交換が不要であることからメンテナンスの必要性が少なく、環境に及ぼす影響も大幅に軽減されます。

現在使用されるレーザーエッチング機器には、 CO2レーザーファイバーレーザーUV レーザーを使用するレーザーマーカーがあります。出力を広範囲から選択できる機器の場合、よりさまざまな種類の素材・包装および製品へのマーキングに対応できます。さらに、焦点距離の異なるレンズやビーム誘導ユニット等といったアクセサリを利用すれば、レーザーエッチング機器を生産ライン組み込むことが容易になり、レーザーの性能を最大限活用することができます。

レーザーマーキングの柔軟性、正確性、印字の耐久性の高さは、医薬品タバコなどの製品包装に役立ちます。これらの製品に耐タンパー性を持たせ改ざん防止を確実なものとするために、そしてトレーサビリティを容易にする目的で、固有のシリアルコードを記載した包装が必要となります。またレーザーマーキングの信頼性と高速生産に追従できる能力は、飲料品の大量生産ラインで役立ちます。CO2 レーザーマーカーはレンズの種類や出力のバリエーション等が様々であるため、ガラスやプラスチックに首尾よくレーザーエッチングを行うために役立ちます。アルミ缶のような金属にはファイバーレーザーを用いて、鮮明で耐久性の高い印字を施すことが可能です。