レーザーエッチング機器

レーザーエッチングは、高品質の一次元または二次元バーコード、複数行のテキスト、ロット番号、ロットコード、ロゴ、トレーサビリティコード、およびその他の重要な情報を多様なタイプの製品や包装に識別目的でマーキングまたは彫刻するために使用する非接触技術です。レーザーマーキングエッチング工程では、包装または製品の表面で正確に対象となった素材の領域が変質し、非常に見やすい印字が素材自体に作成されます。この工程により、印字中または印字後に重要な印字情報がにじんだりぼやけたりする可能性がなくなります。

レーザーエッチングは、航空宇宙、航空機、自動車、押出成形、医薬品などの多くの業界で必要とされています。金属、コーティングまたは塗装された金属、ガラス、複数の種類のプラスチックなど、さまざまな素材にマーキングできる方法であることから、レーザーエッチングが促進されています。異なる素材には異なる出力レベルのレーザーが必要であり、適切な出力を選択すると、生じる印字にただちに影響します。最も効果的なマーカーを入手するには、ユーザーがレーザーマーカーのメーカーと協力することが不可欠です。多数の素材をレーザーエッチングするには、生産ラインの作業員を保護するために集塵システムを追加する必要もあります。

きわめて一貫性のあるマーキング品質や耐久性の高いマークなど、レーザーエッチングシステムには他のマーキング技術に勝る重要なアドバンテージがいくつもあります。さまざまなメーカーにとって、もう 1 つの重要なアドバンテージは、レーザー彫刻機が非常に高速で稼働できることです。このため生産性に直接影響が及び、生産ラインに沿って移動する対象にビームコントローラによる誘導でマーキングできます。さらに、インクや溶剤を使用しないので、消耗品の数が少なくて済むため生産コストに直接影響し、インクの交換が不要になり、メンテナンスの必要性が減り、ユーザーが環境に及ぼす影響が大幅に軽減されます。

現在使用されるレーザーエッチング機には、多様な CO2、赤外線、UV レーザーマーカーがあります。ファイバーレーザーなど、利用可能な出力が選択できる広範囲の機械は、マーキング対象の多様な素材や、さまざまな包装または製品の用途に対応できます。さらに、レンズやビーム誘導ユニットなど、さまざまなレーザーアクセサリを利用できるため、レーザー彫刻機を生産ライン構成に統合するのが簡単になり、レーザーの性能を最大限にできます。

レーザーマーキングの柔軟性、正確性、耐久性の高い結果は、医薬品やタバコ製品などの製品の包装にとって特に重要です。真正性と改ざん防止を確実にし、トレーサビリティを容易にするために、固有のシリアルコードを記載するためにこの包装が必要です。レーザーマーキングの信頼性と高速は、大量生産の飲料品生産ラインでも貴重な資産となります。CO2 レーザーレンズ、出力、技術の種類が広範なので、ガラスや大半のプラスチックに首尾よくレーザーエッチングするのに役立ちます。赤外線レーザーを使用してアルミ缶がマーキングされ、多彩な色の缶に鮮明で耐久性の高い印字を実現します。