ダイレクトパーツマーキング

メーカーはダイレクトパーツマーキング (DPM) を利用して、製造工程に始まりサプライチェーンに至るまで一貫して部品を追跡することができます。DPM は修理やリコールのための部品検索に最適で、信頼性の向上や保証対応にも役立ちます。

1. ダイレクトパーツマーキングとは

ダイレクトパーツマーキング (DPM) とは、主要な製品情報を含む機械判読可能な固有の印字を部品にマーキングする工程です。DPM により、サプライチェーン全体と各部品の製品寿命を通して製品を追跡できます。また、部品識別により、手作業による印字入力の必要性が減り、印字の正確性と信頼性が向上し、データ交換が迅速になります。

2. トレーサビリティとその重要性

トレーサビリティとは、固体識別情報印字を使用して部品をその製品寿命を通して追跡する工程です。トレーサビリティのおかげで、購入者は次のことが可能です。

  • 生産工程にわたって部品を追跡することにより、サプライチェーンを管理します。
  • リコールキャンペーンやサービスのお問い合わせに必要な部品の場所を迅速に特定します。
  • 増え続ける要件と規制に対応します。
  • 偽造から保護します。

3. 業界での変化の有無

業界は一次元 (1D) コードから二次元 (2D) コード (DataMatrix コードとも呼ばれる) に移行しつつあります。

二次元コード:

  • 少量のスペースにより多くの情報を格納します。
  • 多様な直接マーキング方法を使用できます。
  • 判読の信頼性が向上します。

4. マーキング技術を評価する際に購入者が考慮する要因

  • 印字対象/用途 (マーキングされる表面)。
  • 生産ライン (組込の容易さと可動性)。
  • 予算 (初期費用と製品寿命までの保守のバランス)

5. ビデオジェットが助力できること

ビデオジェットは幅広いパーツマーキング方法に対応する技術をいくつも提供しています。以下の詳細をご覧ください。

自動車および航空宇宙関連業界で、最も一般的な印字手法は レーザーマーキング、 産業用インクジェット印字、ドットピンマーキング、電気化学エッチングです。