包装ライン向け印字・マーキングソリューション

包装ラインとは、完成した製品を出荷中や使用前の処理中に保護するために包装する生産ラインです。包装材には、製品を識別するインプリントマークや印字を記載し、行政や販売者が小売店や顧客に出荷するまでの進捗状況を追跡するのにも役立ちます。ほとんどの包装ラインには、充填機、カートナー、製函機、パレタイザーなどの包装システムに加えて、規制要件を満たし、正確なトレーサビリティを実現するために不可欠な印字を行うマーキング装置も組み込まれています。

スペースの確保は包装ラインでは課題となることが多いため、ほとんどの印字機・マーキング装置は包装ライン自体に挿入する必要がなく、一次ラインの上または横に設置します。印字機・マーキング装置はこれらの位置から問題なく稼働し、生産ラインをコンパクトかつ効率的に維持することで包装ラインの生産性を高めます。

必要な印字を行うインクジェットプリンタおよびレーザーマーカーは、印字された製品、包装の数、種類をまとめた貴重な生産データも収集します。一部の印字機には、包装にある印字のビジュアルイメージを捕捉し保管する画像認識装置が組み込まれており、判読しやすさを確保しています。

速度、効率的な操作、省メンテナンスは、これらの印字機に必須の機能です。印字機が原因の速度低下があれば、生産/包装作業全体の生産性に影響が及びます。このため、ビデオジェットのような印字・マーキング装置のメーカーは、明瞭で読みやすい印字を出力するだけでなく、迅速かつ効率的に印字を行うように機器を設計しています。

包装生産ライン は、柔らかいものから硬いもの、大きいものから小さいもの、硬いものから柔軟なものまで、さまざまな製品を包装するために幅広い素材を使用しています。これらの包装材に適切にマーキングするために、レーザーマーカーや彫刻機から産業用インクジェットプリンタ (小文字用)サーマルインクジェットプリンタまで、幅広い種類の印字機器やマーキング装置を開発しています。これにより、企業は独自の包装に対して最も効果的に機能する印字・マーキング装置を選択できます。

関連記事

おすすめの印字機