化学製品への印字・マーキング

様々なサイズや形式に対応できる柔軟な印字ソリューション

化学製品の製造現場は高温・多湿でほこりの多い特徴があり、印字工程には厳しい環境であるといえます。このような現場のプリンタには、信頼性とクオリティの両方の達成だけではなく、休みなく連続稼働しながら頻繁な切り替え作業がスムーズに行える設計が求められます。社内で実行しなければならない品質管理の取り組みから、納品先から要求されるトレーサビリティ要件の対応まで、ビデオジェットがお手伝いいたします。

  • 色が濃い材質、凹凸がある面にも明瞭な印字
  • 缶底に製造年月日や使用期限を印字
  • 凹凸がある材質に可読性が高い印字
  • 紙製の袋 厳しい環境でも落ちない印字
  • 湾曲した缶の側面にきれいな印字
  • 色が濃い材質、凹凸がある面にも明瞭な印字
  • 缶底に製造年月日や使用期限を印字
  • 凹凸がある材質に可読性が高い印字
  • 紙製の袋 厳しい環境でも落ちない印字
  • 湾曲した缶の側面にきれいな印字
包装素材別 最適な印字技術一覧

産業用インクジェットプリンタ (小文字用)

溶剤ベースの非接触印字方式により、最大 5 行のテキスト、リニアバーコード、二次元のバーコード、グラフィックスを印字します。トラバース装置を利用することで、静止した包装への印字が可能な機種もあります。


サーマルインクジェットプリンタ

インクベースの非接触印字方式で、熱および表面張力を利用してインクをパッケージ表面に投射します。高画質印字の実現により、二次元 DataMatrix やその他のバーコード、ロゴなどの印字に使用されます。


産業用インクジェットプリンタ (大文字用)

インクベースの非接触印字方式により、複数のデータタイプ (英数字、ロゴ、バーコード) を大文字で印字します。通常は段ボール箱などの二次梱包に使用されます。


レーザーマーカー

レーザー光による非接触印字方式で、レーザービームを対象物に当てて対象物を深堀や酸化、剥離、発色、転写させることによりマーキングします


プリンタ搭載ラベラー

サーマルプリンタを搭載して印字とラベル貼り付けを同時に実行できます。バーコードを含むオンデマンド印字が可能です。 


容器の材質に合った印字ソリューション

プラスチックへの印字には、滑りやすい可塑剤に対するインク固着性や、化学薬品が漏れた場合の印字の耐性など多くの課題があります。そのために最適な印字ソリューションの選定では、製造環境、印字対象の材質、インクに必要とされる耐性を考慮しなければなりません。ビデオジェットの印字技術の専門家が、ニーズに合った最適なソリューションの選定から設置までをお手伝いします。

プラスチック容器に印字

レーザーマーカー

  • 明瞭、鮮明で耐久性の高い印字用途に最適。実質的に消耗部品なし
  • ビーム屈折ユニットなどのレーザーマーカー用アクセサリを幅広く取りそろえることで、生産ラインへの簡単な設置と最適なレーザー性能を実現
  • プラスチックへの直接印字やラベル印字が可能

産業用インクジェットプリンタ (小文字用)

  • 非接触印字ソリューションのため、容器の任意の位置に印字可能
  • プラスチックへの固着性と印字耐久性の高い特殊インクも提供
  • 人的エラーを防ぎ、印字関連のやり直し作業を減らす印字事故防止技術を搭載

インク固着性とプリンタの選定

高温、多湿、埃っぽい環境条件下でマーキングを成功させるためには、印字ソリューションとインクの適切な選定がカギとなります。ビデオジェットは、目詰まり防止機能付きのプリントヘッドや、速乾性、耐熱性、耐油性のある特殊インクなど、さまざまな特殊ソリューションを用意しています。数多くのオプションがあることに加え、さまざまなソリューションをテストして生産環境に最適な印字とインクのソリューションを選定できる印字業界のリーダーをパートナーにお選びいただくことで、御社の工程の課題が解決できます。

印字面が平らでない、包装袋にきれいな印字

産業用インクジェットプリンタ (大文字用)

  • 凹凸のある表面にも対応する大文字の印字で、サプライチェーンを通じた製品情報の伝達を実現
  • 特許取得済みのマイクロパージ技術により、プリントヘッドをクリーンに保ち、インクの利用効率を改善
  • マスター / フォロワー機能により、袋の両側に印字ができるため、パレットに積んだ製品の位置に関係なく見やすい位置に印字可能

産業用インクジェットプリンタ (小文字用)

  • 極端な温度下でも Dynamic Calibration™ (ダイナミックキャリブレーション) 機能がインク粘度を調整して印字品質を向上させ、CleanFlow™ (クリーンフロー) プリントヘッドがインクの目詰まりを防止するので、省メンテナンスを実現
  • 無臭の非 MEK インクを含む 175 種類以上のインクを販売
  • 濃い色や薄い色のインクが数多くあるので、コントラスト比の高い印字が実行可能

あらゆる形状の容器に適用できる印字ソリューション

金属製容器に最適な印字ソリューションを選択するには、容器の形状に加え、必要とされる解像度や耐久性などの複数の要素を検討することが求められます。たとえば、レーザーマーカーでは一般に解像度と耐久性が共に高いマーキングができますが、特定の形状や材質を対象としたときに特に威力を発揮します。一方産業用インクジェットプリンタ (小文字用) には、印字対象素材をあまり選ばない汎用性があり、インクの種類が多い点も特徴です。プリンタを選定するプロセスでは、経験豊富な印字パートナーによるアドバイスが役に立ちます。

缶などの金属容器に印字

産業用インクジェットプリンタ (小文字用)

  • 簡単に生産ラインに設置することができ、さまざまな基材の上面、底面、側面に印字が可能
  • 金属の曲面への印字に最適なソリューション
  • 特許取得済みの CleanFlow™ 技術は陽圧エアと穴あきのフェイスプレートを用いて、プリントヘッドを長期間クリーンに保ち、突発的なダウンタイムを低減

レーザーマーカー

  • インクや溶剤を使用しないため、インクにより商品価値が損なわれる可能性を排除
  • 多種多様なレーザー光源、マーキングヘッド、レンズにより、さまざまな用途に対応
  • 集塵システムやエアナイフなどのアクセサリにより、生産環境とマーキングレンズをクリーンに維持

あらゆる特殊容器にマーキング可能

特殊な製品やファインケミカルの多くは、ブランド差別化戦略に加え、製品の用途や使用方法に合わせて特殊な容器で供給されています。容器のデザインが特殊であっても、安定して高品質な印字を実現できるソリューションを提供いたします。

可読性が高い印字をした特殊容器

産業用インクジェットプリンタ (小文字用)

  • 多くの種類の材質、サイズ、色の印字対象面に対応できる汎用性の高い印字ソリューション
  • 50 ミクロンのノズルを取り付けることで小さな領域への印字も可能
  • Smart Cartridge™ (スマートカートリッジ) 溶剤システムが、廃棄物、汚れ、誤操作を解消

レーザーマーカー

  • 高解像度の刻印技術により、優れた高精細のマーキングを実現
  • 多様な印字領域を選択できるため、さまざまなサイズの製品や印字速度に対応
  • ガラス製の容器にバーコード、ロゴ、テキストを鮮明にエッチングできるため、消えにくい耐久性の高いマーキングが可能

サーマルインクジェットプリンタ

  • 消耗部品不要のインクベース技術で高解像度印字を実現し、メンテナンスなどに起因するダウンタイムを最少化
  • 水性、アルコールおよびエタノールベースの溶剤を使用したインクなどでは浸透性の高い材質に印字
  • Videojet 8610 では MEK ベースのインクが使用できるため、不浸透性素材にも優れた固着性を発揮

トレーサビリティを向上し、段ボールに関連するコストを削減

ロット、バッチ、サプライヤ独自の情報を段ボール箱に印字することで、倉庫、卸売業者、小売業者が共通で確認可能なトレーサビリティポイントになります。この情報から重要な製品情報を読み取ることで、迅速な識別が可能になり、サプライチェーンでより素早く製品を移動させることができます。これを実現するため、ビデオジェットは複合的な GS1 承認済みのソリューションを提供します。このような情報を段ボール箱に直接印字すれば、トレーサビリティの向上と製品移動の迅速化が期待できるだけではなく、異なる納品先であっても共通の段ボール箱を使用できるようになるのでコストの削減効果もあります。

段ボール箱に高解像度のバーコードを印字

プリンタ搭載ラベラー

  • 使いやすく省メンテナンスのラベル貼付け機構が高品質印字のプリントラベルを自動で貼付
  • 革新的な Direct Apply (ダイレクトアプライ) のラベル直接貼付方式により、処理能力が毎分最大 150 印字に向上し (4 インチ x 6 インチの一般的な GS1 バーコード用ラベルの場合)、オンデマンドのラベル貼り付けにも対応

レーザーマーカー

  • コントラスト比を高める DataLase® (データレース) でコーティングされた段ボール箱にレーザーマーキングを行うことで、濃い黒色の高精細の印字が実現可能
  • 塗装表面やラベル付きの表面を焼灼することにより、非常に読みやすい印字が実現

産業用インクジェットプリンタ (大文字用)

  • ラベルの購入、保管、管理にかかるコストが低減できるだけでなく、プレプリントされた顧客ごとに異なる段ボール箱が不要に
  • 特許取得済みのマイクロパージ技術で、ユーザーの設定した間隔でパージできるため、プリントヘッドへの埃や塵の付着を防止して最高の印字品質を達成

一般的な充填ラインは連続的に動作し、印字機器設置のためのスペースには限りがあります。ビデオジェットは設置面積が小さくて設置が簡単な直接印字用プリンタやラベラーを提供できます。

充填ラインへの印字機設置例


産業用インクジェットプリンタ (小文字用)

溶剤ベースの非接触印字方式により、最大 5 行のテキスト、リニアバーコード、二次元のバーコード、グラフィックスを印字します。トラバース装置を利用することで、静止した包装への印字が可能な機種もあります。


産業用インクジェットプリンタ (大文字用)

インクベースの非接触印字方式により、複数のデータタイプ (英数字、ロゴ、バーコード) を大文字で印字します。通常は段ボール箱などの二次梱包に使用されます。


レーザーマーカー

レーザー光による非接触印字方式で、レーザービームを対象物に当てて対象物を深堀や酸化、剥離、発色、転写させることによりマーキングします

袋充填機とシール機構の並ぶ工程には、間欠と連続の 2 種類のモードがありますが、ビデオジェットには両方のモードに対応するソリューションがあります。また、デュアルヘッドプリンタなら、1 つのユーザーインターフェイスで袋の両面に同時に印字することもできます。

袋充填機への印字装置取り付け例


産業用インクジェットプリンタ (小文字用)

溶剤ベースの非接触印字方式により、最大 5 行のテキスト、リニアバーコード、二次元のバーコード、グラフィックスを印字します。トラバース装置を利用することで、静止した包装への印字が可能な機種もあります。


産業用インクジェットプリンタ (大文字用)

インクベースの非接触印字方式により、複数のデータタイプ (英数字、ロゴ、バーコード) を大文字で印字します。通常は段ボール箱などの二次梱包に使用されます。

特殊な容器を扱うラインでは多くの場合、製品上の印字位置や方向を安定化させるために、サイドグリップコンベアを使用します。ビデオジェットには、サイドグリップコンベアをはじめとしたワーク搬送装置にさまざまな印字装置を設置してきた実績があります。

特殊容器生産ライン 印字機設置例


産業用インクジェットプリンタ (小文字用)

溶剤ベースの非接触印字方式により、最大 5 行のテキスト、リニアバーコード、二次元のバーコード、グラフィックスを印字します。トラバース装置を利用することで、静止した包装への印字が可能な機種もあります。


サーマルインクジェットプリンタ

インクベースの非接触印字方式で、熱および表面張力を利用してインクをパッケージ表面に投射します。高画質印字の実現により、二次元 DataMatrix やその他のバーコード、ロゴなどの印字に使用されます。


レーザーマーカー

レーザー光による非接触印字方式で、レーザービームを対象物に当てて対象物を深堀や酸化、剥離、発色、転写させることによりマーキングします

段ボール箱用印字装置の一般的な取り付け位置は、封緘 された段ボール箱の排出地点です。ビデオジェットは、製品情報識別用の高解像度画像やバーコードの印字から、製品追跡用のバッチ番号やロット番号の印字が可能なプリンタまで幅広いソリューションを揃えています。

段ボールケーサー/封函機と印字装置


レーザーマーカー

レーザー光による非接触印字方式で、レーザービームを対象物に当てて対象物を深堀や酸化、剥離、発色、転写させることによりマーキングします


産業用インクジェットプリンタ (大文字用)

インクベースの非接触印字方式により、複数のデータタイプ (英数字、ロゴ、バーコード) を大文字で印字します。通常は段ボール箱などの二次梱包に使用されます。


プリンタ搭載ラベラー (LPA)

サーマルプリンタを搭載して印字とラベル貼り付けを同時に実行できます。バーコードを含むオンデマンド印字が可能です。 


お問い合わせ

営業およびカスタマーサービス
03-6380-7080

修理依頼および技術サポート
0077-78-0052