パッケージング/ラベリング用語集

産業用包装のマーキングと印字向けの統合ソリューション

包装には、あらゆる製品の商業的成功に欠かせない明確な要素としての重みがあります。優れた包装に投資することは、生産、流通、販売、消費のチェーン全体に利益をもたらします。業界内では生産拠点が集中し、パッケージは製造、保管、流通、識別、トレーサビリティーなどの面で高い効率性が求められる傾向にあります。

パッケージの決定は、コストや製造と流通に使用する技術といった要因に直接影響することがあります。パッケージは、消費者に製品をどのように消費してもらうかを決定づけるものであり、そのデザインを成功させ、製品を維持するためには、深いノウハウが必要です。

一次包装

一次包装のラベリングは、包装の表面そのものに直接印字しても、紙やプラスチックのラベルに印字してから表面に貼付してもかまいません。製品やブランド情報に加えて、不良品や汚染された食品のリコールを可能にする追跡機能を持つコードをすべてのラベルに記載することが求められています。医薬品の場合、偽造医薬品の検出を可能にする一意の個別コードを使用する必要があります。

二次包装

二次包装のラベリングの役目は、マルチ包装のカートンスリーブ箱または外箱積荷の内容を識別し、包装が適切な目的地に確実に届くようにすることです。二次包装としては、個々の製品のカートン箱、マルチ包装スリーブ箱、外箱、ストレッチ包装されたフルパレット積荷があります。外箱積荷は、段ボール外箱に梱包しても、フィルムでシュリンク包装して出荷ユニットに入れてもかまいません。

二次包装の各レベルでは、人が判読可能な言語とバーコードまたは一次元および二次元印字の両方で、内容物の識別情報を記載する必要があります。これらの印字は特に食品に不可欠であり、大規模な食料品店や大型ショッピングモールは、この印字を記載しない食品の出荷を受け付けません。この二次包装要件は、パーソナルケア製品、医薬品、化粧品、化学薬品など、他の製品にも適用されます。

包装業界を構成するのはグローバルなリソースを持つ国内企業と多国籍企業です。これらの企業は品質、技術、機能性、トレンドなどを統合した基準を確立し、世界中の市場のニーズを満たすことができます。これらの大規模な包装企業は、以下を提供するメーカーの複雑なエコシステムから構成されます。

  • プラスチック樹脂、板金、セルロース、ソーダ灰といった原材料、機器のサプライヤー、製品包装
  • 接着剤、塗料、着色剤、コーティングといった投入製品
  • キャップ、封、リボン、輸送および物流会社、設計者、消費財企業、技術および二次トレーニング、研究所、I&D、規制当局といった付属製品