化粧品・パーソナルケア・ホームケア製品への印字・マーキング

印字でブランドを強化・保護・差別化を実現する

包装デザインは、製品を差別化し、ブランドの品質を伝えます。包装上の印字は、重要な情報を伝えるだけでなく、製品の品質イメージの向上に役立ちます。さらに、付加価値のある印字戦略を採用することで、プレプリントされた包装材の在庫を最小限に抑えたり、偽造防止や横流しを防ぐブランド保護ソリューションにもなります。ビデオジェットには、あらゆる製品に対して繰り返し最適なマーキングを行うだけではなく、お客様が求める柔軟性と効率性も実現する印字ソリューションを用意しています。

  • 使用用途
  • 生産ライン導入例
  • 製品パンフレット
  • お役立ち関連資料
  • 用途一覧
  • 硬化プラスチック製容器
  • 軟包装材・紙
  • ガラス製容器
  • 特殊容器
  • 金属製スプレー缶
  • 折り曲げ加工された厚紙製の箱
  • 段ボール箱

使用用途

  • 溶剤ベースの非接触印字方式
  • 最大5行のテキスト、リニアバーコード、二次元バーコード、グラフィックスなどを印字可能
  • トラバース装置を利用することで、静止した包装への印字が可能な機種もご用意

  • インクベースの非接触印字方式
  • 熱・表面張力を利用してインクを包装表面に投射
  • 二次元DataMatrix・その他バーコード・ロゴなどの高解像度の印字に最適

  • レーザ光による非接触印字方式
  • 対象物を深堀、酸化、剥離、発色、転写させることによりマーキング
  • 印字内容を簡単に変更可
  • 高品質で微細なマーキングが可能

  • デジタル制御のプリントヘッド
  • インクをフィルムなどに転写して印字する熱転写方式
  • 食品や製薬用パッケージの印字に最適

  • インクベースの非接触印字方式
  • 複数のデータタイプ(英数字、ロゴ、バーコード)を大文字で印字
  • 段ボール箱などの二次梱包への印字向き

  • さまざまなサイズのラベルを印字
  • 幅広い種類の包装タイプに自動貼付

硬化プラスチック製容器

  • 不規則な形状でも高速非接触で印字可能
  • 暗い色から明るい色のインクまで幅広く取り揃え、最高のコントラストを実現
  • プラスチックへの直接印字とラベル印字の両方に最適
  • 可動式プリントヘッドにより、最大限の柔軟性を実現し、留め具やボトルの曲面など包装のほぼどこにでも印字することが可能

  • 洗剤、クリーナーなどの湿度の高い環境で使用される製品に理想的な、鮮明で耐久性の高い印字が可能
  • インクや溶剤は不要で、小さい設置面積
  • プラスチックへの直接印字やラベル印字に最適で、特に色の濃いプレプリントされた印字枠に有効

お客様が理想とする印字

80%以上のパーソナルケアやホームケア用のボトル、瓶、容器は、HDPEまたはPETで製造されています。*1

プラスチック製包装には、プラスチックの柔軟性をサポートする滑りやすい可塑剤が含まれており、印字を困難にする可能性があります。そのため、印字のコントラストと材質の弾性を考慮し、製品サンプルを入手してから、包装に最適な印字技術を決定してください。

ビデオジェットの営業部門やサービス部門は、お客様の生産ラインで効率的に稼働が続けられる、適切な印字技術を選択するお手伝いをいたします。

*1 Euromonitor包装データベースからのデータ。2012年の包装タイプの見積りに基づく。

軟包装材・紙

  • 充填前のプラスチックフィルムへの印字に最適
  • 明瞭なバーコードとロゴで、顧客との明確なコミュニケーションが可能
  • プラスチック製スリーブへの色番号、ロゴ、名前、バーコードの印字に最適

  • インクカートリッジの交換が不要なため、メンテナンスが容易
  • バーコード、ロゴ、その他のデータを鮮明に印字可能
  • 小売用ブリスター包装のボール紙製の背面部など、紙ベースの印字に最適

  • 化学反応による色調の変化が起こり、シャープではっきりとした印字を実現
  • 必要な消耗品を最小化
  • 紙や一部のプラスチックに最適

  • 固着性と印字の耐久性が最適化された特殊インク有
  • 横型ピロー包装、縦型ピロー包装、その他の充填機や包装機とシームレスに統合可能
  • ほとんどのフレキシブルな紙とプラスチック包装に印字可能

印字量を増やしながらコストを削減

多くの印字技術は、柔軟なプラスチックや紙の包装に有効です。フィルム、パウチ、スリーブ箱、袋はすべて費用対効果の高い包装オプションとなり得ますが、香りや色、製品ごとに多数のプレプリントされたフィルムを管理することは難しく、コストもかかります。

ビデオジェットには幅広い印字技術があり、バッチ、製品ライン、さらには製品ごとに製品情報、バーコード、成分、ロゴ、その他の情報を包装工程中に印字することが可能です。これにより、製造における柔軟性を高めながら、手間とコストを削減することができます。

ガラス製容器

  • コンパクトな50ミクロンノズルで、狭い領域にも印字可能
  • 高コントラストのテキストは、ボトルの色番号や名前のカスタマイズに最適
  • 包装のサイズや形状に合わせて、簡単に変更できる汎用性の高い設計
  • UVインクを使用することで、不可視情報の印字が可能

  • ガラス製の包装にエッチングされた明瞭なバーコード、ロゴ、テキストは高い耐久性とブランドの保護を保証
  • 装飾されたボトルの最表面の塗料を除去することで、高コントラストを実現
  • 包装の内側にも印字でき、改ざんを防止可能

  • ガラスに貼付する前にラベルに印字可能
  • リボン節約技術により、消耗品の使用量を最小化
  • インライン印字品質は、プレプリントされている印字品質と同等

ブランドの保護と強化

事業と製品の評判を守ることは容易ではありません。不正なルートへの製品の横流しや偽造は、利益を減らし、ブランドイメージを損い、顧客に安全上のリスクをもたらす場合もあります。

しかし、ビデオジェットの高度な印字技術とソフトウェアソリューションは、こうした脅威を防ぐために必要なサプライチェーン管理を可能にします。これらのソリューションは、包装に半永久的な印字が可能なレーザーマーカーから、印字内容に偽造防止要素を組み込んだ統合ソフトウェアソリューションに至るまで、さまざまなものがあります。

特殊容器

  • 移動可能なレーザーマーカーであれば、さまざまな包装サイズに容易に対応
  • 刻印技術や広い印字領域を駆使して、高い印字品質を実現

  • モジュール式で堅牢な設計により、最大限の汎用性を実現
  • 高負荷、高精度制御、高速稼働が可能
  • 既存の生産ラインシステムに簡単に統合可能

  • 濃色の包装で、高コントラスト印字が必要な場合に最適
  • 貼付前のラベルに印字可能
  • さまざまな色のリボンが利用可能     

  • 包装の素材、サイズ、色を選ばない汎用性の高い印字ソリューション
  • 使いやすく直観的なタッチスクリーン
  • Smart Cartridge™(スマートカートリッジ)溶剤システムにより、廃棄物、汚れ、誤操作を大幅に削減  

ほぼすべての素材にマーキング可能

化粧品、スキンケア、リップケア、消臭剤、芳香剤など、多くのパーソナルケアやホームケア製品は、その形状や用途、調合方法によって、さまざまな特殊容器に入れられています。実際、包装デザインによって製品が差別化され、事業の成功に繋がることがよくあります。

設計プロセスで印字について十分に検討し、特殊な包装に最適な印字技術を選択することで、優れた包装形状が損なわれないようにします。

ビデオジェットの幅広い印字技術により、印字が優れた包装デザインの成功の後押しができるようサポートします。

金属製スプレー缶

  • 強くカーブしている缶底にも印字可能
  • 特許取得のCleanFlow™(クリーンフロー)技術は、特別設計のプリントヘッドと自動洗浄機能を組み合わせ、インクの堆積を軽減し、プリントヘッドをクリーンに保持
  • モジュール設計により、定期メンテナンスなしで最大12,000時間稼働可能

  • 幅広いレーザーレンズ、出力、技術タイプにより、多くの金属や曲面に印字可能
  • 金属に直接彫刻したり、塗装やラベル表面を除去して印字する場合に最適

生産ラインを長く稼動させる設計

金属製のスプレー缶は、ガラスクリーナー、洗剤、殺虫剤、芳香剤からデオドラント、ヘアスプレー、シェービングクリームにいたるまで、さまざまな化粧品、パーソナルケア、ホームケア製品の容器として世界中で使用されています。

しかしながら、表面が金属であることや曲面デザインのため、しばしばスプレー缶への印字は困難な場合があります。ビデオジェットは、これらの用途やその他の難しい印字用途に対応する印字ソリューションやサービスを提供し、生産ラインを効率的に稼働させるサポートをいたします。

折り曲げ加工された厚紙製の箱

  • 消耗品をほとんど使用せず、テキスト、バーコード、画像をシンプルかつクリーンにマーキングい
  • CO2レーザーは、プリント済みのインクの表層を除去し、その下の層を露出させるため、高品質で明るいコントラストを実現

  • 水性コーティングやワニスのコーティング済み素材を含む、事実上すべての一般的な厚紙製素材に印字が固着
  • 信頼性が高く、費用対効果の高い印字方法
  • 濃色の箱にはカラーインクや顔料インクを使用し、高コントラストを実現
  • UVインクにより、不可視情報の印字も可能
  • 不可視UVおよびIRインクにより、パッケージデザインを損なうことのない不可視の印字を実現

  • 長時間の印字中断後でも高画質・高精細な印字が可能
  • 包装ラインへの組み込みが容易で、パッケージの上面や側面への印字が可能

付加価値を高めるマーキングで標準化とコスト削減を実現

ビデオジェットの印字ソリューションは、製品パッケージにバッチ、ロット、日付情報を追加する以上の価値をもたらすことができます。生産業務を簡略化し、製造コストの削減を支援することができます。

インラインや現場での印字が増えると、製品やバッチレベルで包装をカスタマイズできるため、迅速な切替えと柔軟な製造体制が実現します。ビデオジェットのデジタル印字技術により、色名や色番号、成分、バーコードやロゴを、インラインで製品や外箱に印字することができます。

段ボール箱

  • テキスト、バーコード、ロゴなどの情報を高解像度で印字
  • 費用対効果の高い、信頼性の高いソリューション
  • ラベルやカスタム仕様の段ボール箱で発生する面倒な管理や追加コストが不要に
  • 低解像度のバルブジェットオプションは、大きなテキストの印字に最適

  • ラベルへの高品質な熱転写印字
  • 自動アプリケータは、手動ラベリングに比べて高速、高精度、エラー防止の点で優れたソリューション

  • Datalase®印刷された箱上にインクを使用せず濃い黒の高解像度マーキングが可能
  • 幅広いレンズで、広い面積に印字可能
  • 高速印字対応

  • GS1 DataMatrix規格に対応した設計
  • 長いデキャップ時間と短い乾燥時間の組み合わせで、最適な時間管理を実現

サプライチェーンを管理

読みやすく正確な情報を段ボール箱に印字することは、効果的なサプライチェーン管理にとって不可欠です。ビデオジェットには、箱に直接印字する高解像度印字から自動ラベル貼付まで、サプライチェーンのトラッキングが可能な複数のソリューションを用意しています。

  • 充填機・キャッパー
  • カートナー
  • 段ボール封函機

充填機・キャッパー

装置を充填機の前後、あるいは充填機内部に簡単に統合できるかどうかが、印字やマーキングを成功させる鍵です。ビデオジェットのプリンタは、ライン上の複数の場所に設置できるため、柔軟に生産体制に合わせることができ、印字品質が高められます。

  • 溶剤ベースの非接触印字方式
  • 最大5行のテキスト、リニアバーコード、二次元バーコード、グラフィックスなどを印字可能
  • トラバース装置を利用することで、静止した包装への印字が可能な機種もご用意

  • レーザ光による非接触印字方式
  • 対象物を深堀、酸化、剥離、発色、転写させることによりマーキング
  • 印字内容を簡単に変更可
  • 高品質で微細なマーキングが可能

  • デジタル制御のプリントヘッド
  • インクをフィルムなどに転写して印字する熱転写方式
  • 食品や製薬用パッケージの印字に最適

  • さまざまなサイズのラベルを印字
  • 幅広い種類の包装タイプに自動貼付

カートナー

さまざまな種類の技術が、包装前後のカートナーに統合できます。最適な設置場所は、カートナーと適用する印字技術両方の寸法要件で決まります。

  • レーザ光による非接触印字方式
  • 対象物を深堀、酸化、剥離、発色、転写させることによりマーキング
  • 印字内容を簡単に変更可
  • 高品質で微細なマーキングが可能

  • インクベースの非接触印字方式
  • 熱・表面張力を利用してインクを包装表面に投射
  • 二次元DataMatrix・その他バーコード・ロゴなどの高解像度の印字に最適

  • 溶剤ベースの非接触印字方式
  • 最大5行のテキスト、リニアバーコード、二次元バーコード、グラフィックスなどを印字可能
  • トラバース装置を利用することで、静止した包装への印字が可能な機種もご用意

段ボール投函機

プリンタは、密封された段ボールが排出された後、コンベアに組み込むのが最適です。生産ラインに最適な技術ソリューションは、段ボール箱に印字したい情報の種類や量に応じて決まります。

  • インクベースの非接触印字方式
  • 複数のデータタイプ(英数字、ロゴ、バーコード)を大文字で印字
  • 段ボール箱などの二次梱包への印字向き

  • レーザ光による非接触印字方式
  • 対象物を深堀、酸化、剥離、発色、転写させることによりマーキング
  • 印字内容を簡単に変更可
  • 高品質で微細なマーキングが可能

  • さまざまなサイズのラベルを印字
  • 幅広い種類の包装タイプに自動貼付

化粧品・パーソナルケア・ホームケア製品の印字

ビデオジェットは、生産ライン上の業界独特の技術的課題に対応できるノウハウを持っています。多様な包装タイプの管理からブランドイメージの継続的な向上に至るまで、ビデオジェットの印字ソリューションがお役に立ちます。理想の印字をすべての製品に正確に繰り返し行うことができます。

×

ダウンロードの前にアンケートにご協力ください(1分)

化粧品・パーソナルケア・ホームケア製品へレーザーの活用

HDPEボトル、容器、ガラスへのマーキングにレーザーマーカーを使用することやレーザーマーキング技術を化粧品、パーソナルケアおよびホームケア製品の生産ラインに統合することについて、誤った情報もあります。本資料では、これらの誤解を解き、正しい情報をお届けします。

×

ダウンロードの前にアンケートにご協力ください(1分)

包装デザインの段階で印字技術を検討

包装デザインはブランド認知の重要な要素であり、差別化に繋がります。しかし、包装デザインには多大な作業が費やされるものの、多くの場合、印字に関しては後回しです。デザインの段階で印字技術を検討することで、包装の質とブランドイメージを向上させることができます。

×

ダウンロードの前にアンケートにご協力ください(1分)

付加価値マーキングによって、コストと煩雑さを軽減に関する資料

付加価値マーキングによって、コストと煩雑さを軽減

ビデオジェットの技術では、日付やロット番号だけではなく、可変データ、バーコード、ロゴ、画像など様々なコンテンツの印字が可能です。当社のデジタルマーキングソリューションにアップグレードすることで、プレプリントされた包装材の在庫コストと製造上の煩雑さを低減できます。

×

ダウンロードの前にアンケートにご協力ください(1分)

【パーソナルケア製品】プラスチック容器の印字品質を最適化

カラーのプラスチック製容器を使用することで、製品を商品棚で目立たせることができます。ただし、カラーのプラスチックへの印字は読みづらいことが多いのも事実です。ビデオジェットでは、適切な印字を実現するための多様なソリューションを提供しています。

×

ダウンロードの前にアンケートにご協力ください(1分)

【パーソナルケア製品】デコレーションと視覚効果の考察

フレキソ印刷やデジタル印刷といったソリューションが、以前にも増して企業から注目されています。本資料では、パーソナルケア用品ブランドやプライベートブランドを主導する製造会社との協働を通して得られたデコレーションに関する主な概念と、印字に関する考察をご紹介いたします。

×

ダウンロードの前にアンケートにご協力ください(1分)

極小文字の印字を可能にする最先端技術

多くの製造業では、1つの狭いスペースに多くの内容を印字しなければならないという課題を抱えています。本資料では、極小文字の印字を必要とするメーカーの実際的なニーズを満たすために特別に設計された、ビデオジェットの高解像度・極小文字対応プリンタをご紹介します。

×

ダウンロードの前にアンケートにご協力ください(1分)

無料印字サンプル作成・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。
印字内容や印字対象物に合わせた最適な機種の選定もお手伝いいたします。

03-6374-8719

×

お電話の場合はこちら:03-6374-8719