外箱印字とトレーサビリティ

段ボール箱やカートンなどの外箱に正確なトレーサビリティ情報を印字することは、サプライチェーン全体を通して材料や包装品の優れた追跡を可能にする重要な要素です。食品と医薬品の安全性に加え、政府の規制が進化していることが、より優れたトレーサビリティと外箱印字ソリューションの強力な推進力となっています。

ビデオジェットの正確で信頼性の高い外箱向け印字機

外箱に可変データを正確かつ高品質にインライン印字することは、こうしたトレーサビリティプログラムにとって非常に重要で、高性能の外箱用プリンタが必要となります。

ビデオジェットの一次包装印字用ソリューション(インクジェットプリンタ、レーザーマーカー、産業用サーマルプリンタ)を補完して、さまざまな二次包装材に直接印字する大文字用マーキング装置段ボール用インクジェットプリンタと段ボール用印字機など)のフルラインナップを取り揃えています。また、外箱やシュリンク包装、パレットなどにリアルタイムでラベルを自動印字・貼付するオートラベラー(自動ラベル貼付機)もご用意しています。

ビデオジェットの印字機を使えば、外箱や段ボール、その他の基材にロット番号や賞味期限、バーコード、ロゴ/グラフィックを簡単に印字することができます。

  • 生産における柔軟性の向上
  • 外箱とラベルの在庫を削減
  • バーコードで自動化プロセスを改善
  • インラインのリアルタイム印字でトレーサビリティを向上
  • 手作業の削減、ラベルの交換、総保有コストの削減
  • 工程を改善し、手作業によるラベル貼付のミスを削減

外箱に推奨される印字機

外箱への印字でもっとも一般的な印字技術は、大文字用インクジェットプリンタオートラベラー(自動ラベル貼付機)です。どのソリューションが最適かは、印字する情報と、印字が必要な包装材に大きく依存します。

大文字用インクジェットプリンタが適している場合

  • 包装材が多孔質(段ボールなど)の場合
  • 外箱内のさまざまな場所に情報を配置する必要がある場合
  • 基材が白色である場合

オートラベラー(自動ラベル貼付機)が適している場合

  • 包装材が非多孔性である(シュリンクラップなど)の場合
  • 外箱の一箇所に情報が必要な場合
  • クラフトボール紙に高コントラストのバーコードが必要な場合
  • お役立ち関連資料

外箱用印字技術の選択

製品を生産ラインから消費者へ届けるには、多くの場合外箱で梱包する必要があります。外箱の中身を示す情報の管理は、製造者、製品を受け取る卸売業者、そして製品が流通するすべてのルートにおいて重要です。外箱印字を適切に行うことで、製造者や顧客の時間とコストが節減できます。

×

ダウンロードの前にアンケートにご協力ください(1分)