スナック菓子への印字

クオリティの高いパッケージには高品質な印字が求められます。

店頭で販売数を伸ばすには、お客様のブランド価値を最大限にアピールする必要があります。メーカーのブランドマネージメントでは、パッケージデザインに注力しますが、低い印字品質が、パッケージデザインを大きく損なってしまう場合があります。

優れたプリンターのサプライヤーは、高品質の印字を実現する重要性を認識しており、お客様の目標達成をサポートできます。お客様の業界で 40 年以上の実績を積んだビデオジェットは、最高の印字パートナーとなるべく技術、専門知識、サービスオプションの最適な組み合わせを用意しています。

ビデオジェットでは、お客様のパッケージに合わせて賞味期限、消費期限やバーコードを印字できるよう、幅広い印字・マーキング機器を取り揃えております。

  • プラスチック製ボトル、紙箱、フィルムなどで包装されたスナック菓子
  • 包装フィルムに印字するサーマルプリンタ
  • スナック菓子のフレキシブル包装材に印字
  • 段ボール箱にバーコード、ロットナンバーを印字
  • ピーナッツ缶の底に賞味期限を印字
  • プラスチック製ボトル、紙箱、フィルムなどで包装されたスナック菓子
  • 包装フィルムに印字するサーマルプリンタ
  • スナック菓子のフレキシブル包装材に印字
  • 段ボール箱にバーコード、ロットナンバーを印字
  • ピーナッツ缶の底に賞味期限を印字
スナック菓子の包装種類別 最適な印字方法の選び方

産業用インクジェットプリンタ (小文字用/CIJ)

溶剤ベースの非接触印字方式により、最大 5 行のテキスト、リニアバーコード、二次元のバーコード、グラフィックスを印字します。トラバース装置を利用することで、静止した包装への印字が可能な機種もあります。


産業用サーマルプリンタ (TTO)

デジタル制御のプリントヘッドがインクリボンに塗布されたインクをフィルムなどに転写して印字する熱転写方式で、食品や製薬用パッケージの印字に使用されます。
 


サーマルインクジェットプリンタ (TIJ)

インクベースの非接触印字方式で、熱および表面張力を利用してインクをパッケージ表面に投射します。高画質印字の実現により、二次元 DataMatrix やその他のバーコードの印字に使用されます。


ラベラー(LPA)

さまざまなサイズのラベルを印字し、幅広い種類の包装に貼付します。 



レーザーマーカー

レーザー光による非接触印字方式で、レーザービームを対象物に当てて対象物を深堀や酸化、剥離、発色、転写させることによりマーキングします。印字内容を簡単に変更でき、高品質で微細なマーキングが可能です。


産業用インクジェットプリンタ (大文字用/LCM)

インクベースの非接触印字方式により、複数のデータタイプ (英数字、ロゴ、バーコード) を大文字で印字します。通常は段ボール箱などの二次梱包に使用されます。


いろいろなタイプの袋に利用できるソリューション

ピロー型、テトラパックや角底袋など、パッケージ袋の種類とその袋を充填するための装置は日々進化しています。印字技術を選択する際には、印字対象の袋や包装ラインの特徴が最も重要な要素ですが、印字の品質や内容も大事です。

ピロー包装のポテトチップスに印字

産業用サーマルプリンタ

  • 溶剤が不要で、フレキシブルフィルムに高解像度の印字 (300dpi、1mm あたり 12 ドット) を実現
  • 特許取得済みのクラッチレスリボンドライブによって、メンテナンスに関連するダウンタイムを最小化し、リボンの効率性を最大化

産業用インクジェットプリンタ (小文字用)

  • 再密封可能な分厚いジッパーが付いた成形済みパウチおよび包装袋など、比較的複雑な素材への印字に特に有効
  • CleanFlow™ (クリーンフロー) 技術搭載でプリントヘッドのクリーニングの頻度が減り、稼働時間の最大化が実現

レーザーマーカー

  • プレプリントされたポリプロピレンフィルムや、多層ラミネートフィルムの 2 層間に印刷された Datalase® パッチ上に印字する用途に最適
  • マーキング領域が広いため、パワー設定が最適化できて、フィルムの溶け落ちを防止

ほぼ全ての素材に印字が可能

印字面、環境に関する検討事項、特殊インクの要件を考慮すると、マーキングソリューションの選択はますます難しくなります。正しい専門知識が、お客様のスナック生産ラインに最適なソリューションを見つけます。

ピーナッツの瓶ボトルに賞味期限を印字

産業用インクジェットプリンタ (小文字用)

  • 簡単に生産ラインに設置することができ、様々な印字面における上面、底面や側面に印字が可能
  • 無臭の非 MEK インクを含む、業界で最大の品揃えである 175 種類以上のインクから選択可能

レーザーマーカー

  • インクや溶剤を使用しないため、インクにより商品価値が損なわれる可能性を排除
  • ビデオジェットの集塵装置が、生産環境とマーキングレンズを清潔な状態に維持

お客様固有のニーズに対応できるソリューション

厚紙製の箱に適用する印字技術を選択する際には、御社の工場のニーズを十分に考慮してください。消耗品の数を減らしたい、耐性の高い印字が必要、2 次元コードの印字が必要、あるいは一切溶剤を使いたくないといった要件の検討が必要です。

厚紙製のスナック菓子包装箱 賞味期限を印字

レーザーマーカー

  • 明瞭、鮮明で耐久性の高いマーキングが求められる用途に最適で消耗品が不要
  • 生産ラインへの統合およびレーザーパフォーマンスの最大化のために、多種類のレンズやビームステアリングユニットを用意

サーマルインクジェットプリンタ

  • 消耗品不要のインクベース技術で高解像度印字を実現し、メンテナンスおよびメンテナンスに関わるダウンタイムを最少化
  • コンパクト設計が生産ラインへの統合を簡易にし、通信機能が柔軟に選択できて優れた操作性を達成

産業用インクジェットプリンタ (小文字用)

  • 水性オーバーコートやニスのコーティングを含むあらゆる素材に適した特殊インクで高いコントラスト比
  • Smart Cartridge™ (スマートカートリッジ) 溶剤供給システムにより、汚れ、廃棄物、作業者による間違った溶剤交換作業を事実上すべて排除

お客様のサプライチェーンを強化

段ボール箱印字が読みやすいことは、サプライチェーン全体での効率のよい在庫管理に不可欠です。この目標に向けて、ビデオジェットは段ボール箱への直接印字や自動ラベル機による印字などさまざまなソリューションを提供します。

段ボール箱にQRコード、バーコードを印字

産業用インクジェットプリンタ (大文字用)

  • ラベルおよびその保管と管理に必要なコストが不要となり、顧客ごとに異なるプレプリントされた段ボール箱を廃止
  • 特許取得済みのマイクロパージ技術で、ユーザが設定した間隔でパージできるため、プリントヘッドへの埃や塵の付着を防止して最高の印字品質を達成

ラベラー

  • 自動アプリケーターで事前印字されたラベルをラベリングすることにより、手動ラベリングに比べてミスがなく、正確で高速なラベリングを実現
  • 使いやすい、省メンテナンス設計

サーマルインクジェットプリンタ

  • 複雑で微細な印字が可能なため、そのまま小売での販売に使用されるパッケージに最適
  • 不浸透性の印字面に適したビデオジェットの MEK ベースインクにより、生産ライン中断後でも迅速な印字品質回復が可能

レーザーマーカー

  • DataLase® でコーティングした段ボール箱へのレーザーマーキングでは、濃い黒で超高解像度の印字を実現
  • 保護用コーティングを損傷せずに明瞭で濃いマーキングができるので、特に防水コーティングを施した箱で有効

ビデオジェットには幅広い種類の印字装置があり、断続動作または連続動作に関係なく、複雑な VFFS 用包装袋やパウチに対応できます。適切な印字技術を選択する際には、ジッパー付やガセットタイプ付といったパッケージの種類や縦型ピロー包装工程の種類について十分ご検討いただくことをお勧めします。

印字装置を包装ラインに組み込む際の問題点としては、取り付けに必要なスペースやアクセサリなどの物理的な課題や、通信方法の課題が考えられます。ビデオジェットの産業用サーマルプリンタ製品は、包装業界のスペシャリストによって設計されており、VFFS 装置への取り付けから日々の操作方法に至るまであらゆるプロセスをできる限り簡略化します。さらに、ビデオジェットのサービスおよび技術サポートチームが、迅速な設置完了のお手伝いをして、プリンタの製品寿命を通してのサポートを提供いたします。

縦ピロー包装機への印字装置設置イメージ

産業用インクジェットプリンタ (小文字用)

溶剤ベースの非接触印字方式により、最大 5 行のテキスト、リニアバーコード、二次元のバーコード、グラフィックスを印字します。トラバース装置を利用することで、静止した包装への印字が可能な機種もあります。


産業用サーマルプリンタ

デジタル制御のプリントヘッドがインクリボンに塗布されたインクをフィルムなどに転写して印字する熱転写方式で、食品や製薬用パッケージの印字に使用されます。


レーザーマーカー

レーザー光による非接触印字方式で、レーザービームを対象物に当てて対象物を深堀や酸化、剥離、発色、転写させることによりマーキングします。印字内容を簡単に変更でき、高品質で微細なマーキングが可能です。

この工程では、通常ビンや缶がシーリングされて排出された直後にプリンタを設置します。容器の底面や上面または側面部分など、印字位置に合わせて印字装置を簡単に配置できます。

縦型充填ラインへの印字装置設置イメージ

産業用インクジェットプリンタ (小文字用)

溶剤ベースの非接触印字方式により、最大 5 行のテキスト、リニアバーコード、二次元のバーコード、グラフィックスを印字します。トラバース装置を利用することで、静止した包装への印字が可能な機種もあります。


レーザーマーカー

レーザー光による非接触印字方式で、レーザービームを対象物に当てて対象物を深堀や酸化、剥離、発色、転写させることによりマーキングします。印字内容を簡単に変更でき、高品質で微細なマーキングが可能です。

ここでは複数の印字装置が使えます。装置はカートナや排出直後の位置に取り付けられます。印字装置の最適な設置場所は、カートナと適用予定の印字技術が規定する寸法条件で決まります。

カートナーへの印字装置設置イメージ

レーザーマーカー

レーザー光による非接触印字方式で、レーザービームを対象物に当てて対象物を深堀や酸化、剥離、発色、転写させることによりマーキングします。印字内容を簡単に変更でき、高品質で微細なマーキングが可能です。


サーマルインクジェットプリンタ

インクベースの非接触印字方式で、熱および表面張力を利用してインクをパッケージ表面に投射します。高画質印字の実現により、二次元 DataMatrix やその他のバーコードの印字に使用されます。


産業用インクジェットプリンタ (小文字用)

溶剤ベースの非接触印字方式により、最大 5 行のテキスト、リニアバーコード、二次元のバーコード、グラフィックスを印字します。トラバース装置を利用することで、静止した包装への印字が可能な機種もあります。

段ボール箱用印字装置の最適取り付け位置は、封緘された段ボール箱の排出地点です。お客様の生産ラインに最適なマーキングソリューションは、段ボールに印字する情報の種類と量に応じて決まります。

段ボールケーサー(封函機)への印字装置設置イメージ

産業用インクジェットプリンタ (大文字用)

インクベースの非接触印字方式により、複数のデータタイプ (英数字、ロゴ、バーコード) を大文字で印字します。通常は段ボール箱などの二次梱包に使用されます。


ラベラー

さまざまなサイズのラベルを印字し、幅広い種類の包装タイプに貼付します。


サーマルインクジェットプリンタ

インクベースの非接触印字方式で、熱および表面張力を利用してインクをパッケージ表面に投射します。高画質印字の実現により、二次元 DataMatrix やその他のバーコードの印字に使用されます。


レーザーマーカー

レーザー光による非接触印字方式で、レーザービームを対象物に当てて対象物を深堀や酸化、剥離、発色、転写させることによりマーキングします。印字内容を簡単に変更でき、高品質で微細なマーキングが可能です。

お問い合わせ

営業およびカスタマーサービス
03-6380-7080

修理依頼および技術サポート
0077-78-0052