レーザーエッチングガラス

ガラスに耐久性の高い印字を行うためのレーザーマーキングソリューション

レーザーマーキングは、ガラスに印字し、ほぼすべての色や種類のガラスに耐久性の高い高解像度のマーキングを行うための別なソリューションです。マークの耐久性は高いため、無許可の流通チャネルによる改ざんを防ぐことができます。さらに、高品質のマーキングにより、鮮明な印字が実現し、ブランドに対する信頼感を消費者に与えます。

レーザーがプラスチックの表面に印字やマークを配置するとき、そのために高熱を使用してプラスチック素材を溶解し、素材の一部を蒸着 (除去) して表面にマークを残します。このように表面が変質することにより、レーザーは印字されたマークより高い耐久性のマークを残します。印字されたマークの場合、濡れたボトルの表面に配置されたために変質したり、工程中に洗い流されたり、処理中に磨耗によって損傷したりする可能性があります。

しかし、レーザービームがガラスに当たると、結果は完全に異なり、ガラスにひびが入ります。表面の天然の粒子と結晶構造は、非常に急速に加熱されると、表面から微細なサイズの「チップ」を分離します。高温の部分が周囲と相対的に急速に膨張するためです。こうして、レーザーはガラスにエッチングや彫刻を行うために使用され、出力、速度、焦点をすべて適切に制御すれば、優れた結果を得ることができます。

この工程を使用して、ガラスの瓶、薬瓶、広口瓶にレーザーでマーキングして、シリアル番号、内部追跡コード、英数字のトレーサビリティ情報を透明ガラスと着色ガラスの両方に記載できます。大量の湿気が存在するためにインクが溶けたりラベルが緩んだりする可能性のある処理場や、製品処理によって印字が摩耗したりこすれたりする可能性がある処理場では、このことは特に重要です。

ガラスに対するレーザー処理から生成される蒸着は、英数字印字の見た目の一貫性を生みますが、二次元バーコードのようなさらに複雑な図形に必要な、さらに広い領域にわたる一貫性を得るには頼りになりません。また、剥がれ落ちるガラスの破片がその後の文字を作成するレーザービームを妨害しないようにするために、破片を取り除くための機構が不可欠です。

レーザーガラスエッチング技術が業界の標準に採用された好例は、生産ラインです。この特定の設定では、システム内のレーザービームが回転または振動するミラーに向けられます。ミラーはマーキングされる表面に数字や文字をトレースするように動きます。これは、たとえば医薬品、食品、飲料品のボトリングラインの生産ラインに沿って移動する製品の生産日、有効期限、ロット番号を印字するために特に便利です。レーザーエッチングにより、「移動中の」ガラス瓶にマーキングできます。マーキングが行われる場所は「マーキングレーザーステーション」と呼ばれ、包装およびボトリング工場にあることが少なくありません。生産ライン速度が増加するにつれ、レーザーエッチングシステムの速度は、ガラスへのマークのホットスタンプやパッド印字などの古くて遅い技術に取って代わりました。

  • 推奨ソリューション
  • 他のリソース情報

製品導入に関するご相談

無料サンプル作成・デモも受付中
03-6374-8719

×

お問い合わせ

お電話:03-6374-8719