不可視印字ソリューション

目に見えない印字はセキュリティを高め、機密情報を保護します。
不可視印字は、消費者からは見えませんが、特別な読み取り装置を持つ流通チャネルパートナーなら判読することができます。

紫外線(UV)インクと赤外線(IR)インク

不可視蛍光インクは、紫外線や高周波の照明の下でのみ見える蛍光印字とブランド情報を生成します。

UVおよびIRインクは、産業用インクジェットプリンタ(小文字用)およびサーマルインクジェットプリンタで印字することができ、チャネルパートナーが視覚技術を使って簡単に読み取ることができます。

また、不可視印字は、印字可能なスペースが限ら れている場合や、印字したい情報が包装デザインの妨げになる可能性がある場合にも理想的なソリューションです。

データマトリクス印字

データマトリクス印字は、黒と白のセルから成る二次元コードで、テキストや数値データをエンコードすることができます。

データマトリクス印字は、重要なサプライチェーンや生産情報を保存できるため、強力なブランド保護ツールになります。生産前に包装に印字することで、生産と流通の各段階で各製品に関する追加データを追跡することができます。

産業用インクジェットプリンタ(小文字用)およびサーマルインクジェットプリンタは、UV/IR、カラー、標準的な黒のいずれかのインクでデータマトリクスを印字するための理想的なソリューションです。

“UV印字およびIR印字は、独自のナンバリングスキームと簡単に組み合わせることができ、ブランド保護のレイヤーを追加することができます。”

Dr Mike K. 博士

ビデオジェット主席化学者
パーソナルケア、電線・ケーブル、高コントラスト、セキュリティ、UV療法

無料相談・お見積りはこちら

03-6374-8719