横ピロー包装機

横ピロー包装機とは 

横ピロー包装機は、横型ピロー包装工程の中心となります。横ピロー包装機による包装は、大量の小さな製品がコンベアの上で生産ラインを進み、フィルムで個包装されてから、販売のために複数製品を横ピロー包装に入れます。フィルムには透明、装飾されたプラスチックやアルミ箔などさまざまな材質のものがあります。

横ピロー包装はキャンディー、パン、ケーキ、クッキーなどや、グラノーラバーのような健康製品に最もよく使用される工程です。こういった食品は外袋から出して消費されるため、ブランドを示すものと賞味期限などの必要な印字の両方が各個製品の一部であることが不可欠です。横ピロー包装後に「賞味期限」などの印字を行うことは可能ですが、フィルムが横ピロー包装機に入る前に、印字や可変ブランド情報をマーキングする方がはるかに実用的です。この方が印字品質が向上し、印字が読み取りやすくなります。 

サーマルインクジェットプリンタ産業用インクジェットプリンタ (小文字用)産業用サーマルプリンタレーザーマーカーを含む広範な構成のプリンタを使用して、横ピロー包装フィルムにマーキングすることができます。異なる横ピロー包装状況の要求に合致する機能がそれぞれにあります。 

産業用サーマルプリンタは非常に高速で動作し、光沢プラスチックフィルムや金属状フィルムに鮮明に印字します。高さ最大 12.7 mm の文字を毎分最大 100 メートルの速さで印字することができます。 

産業用インクジェットプリンタ (小文字用) は、包装前と包装後のいずれかに必要な印字を行うなど、横ピロー包装の必須要件を満たします。ビデオジェットの Smart CartridgeTM (スマートカートリッジ) インクシステムなどのカートリッジインク用品を使用するプリンタでは、包装製品のブランドイメージを損なう可能性のあるごみや汚れがほぼつきません。

サーマルインクジェット印字で溶剤ベースのインクを使用すると、プラスチック包材に高解像度の印字ができます。日付や数値コードだけでなく、一次元バーコードや二次元バーコードも印字することができます。 

レーザーマーカーはインクや溶剤を使用しないので、印字中に製品を汚してしまったりすることがありません。大きな印字領域が利用できるプレプリントされたポリプロピレンフィルムに印字するのに最適であり、溶け落ちを防ぎます。 

ビデオジェットには、あらゆる生産ライン速度に対応できる、横ピロー包装用のソリューションがあります。包装装置の技術革新にともない、横ピロー包装工程の速度は格段に速くなっています。そのような装置がもたらす高い処理能力と利益率の増大を活かすためには、ビデオジェットの製品が最適です。当社の先進の技術は、御社の生産ライン速度を最高水準で保ちながらも、対象製品上の決められた位置に明瞭な印字を確実に実行します。