産業用インクジェットプリンタとは

インクジェットプリンタとは、インクをノズルから液滴を目標の表面に投射し、文字、数字、その他の印字を形成することにより、製品や包装にマークを付ける機械です。インクジェットマーカーは、紙、プラスチック、電線、ケーブル、金属、樹脂、ガラスなど、ほぼすべての印字対象に印字できます。印字される一般的な情報には、有効期限、ロット番号、シリアル番号、バーコード、日付コードが含まれます。

マーカー内のソフトウェアがインク噴射を制御して、これらの英数字、一次元および二次元マークを作成します。これにより、メーカーは製品や包装にマーキングして、処理の開始から終了まで製品を追跡し、規制要件に準拠し、必要に応じて迅速にリコールできるようになります。さらに、今日のインクは速乾性を備えていて、印字のこすれやにじみのリスクが抑えられ、生産と流通を通じて印字の判読性が維持されます。

このようなインクベースの機械で読み取り可能で人間による判読可能な印字を効率的かつ信頼性をもって実行できるため、インクジェットプリンタはきわめて幅広い生産ラインでその地位を確立しました。このようなプリンタは、食品や飲料から医薬品、自動車部品、化粧品に至るまでの業界で広く使用されています。

今日の精密なインクジェットプリンタの多くに組み込まれたソフトウェアは、迅速かつ鮮明に印字できるだけでなく、インクや溶剤の消耗品が残り少なくなり始めると操作担当者へのアラートを発生させます。場合によっては、ソフトウェアのおかげでインクジェットプリンタのメーカーがユニットの制御部分にアクセスし、リモートで調整や修正を行い、生産のダウンタイム (稼働停止時間) 発生リスクを軽減することもできます。

ビデオジェットの産業用インクジェットプリンタ (小文字用) のような今日の精密なインクジェットプリンタがメーカーにもたらすメリットには、年に 1 回、またはプリンタが 3,000 時間に達したときのいずれか早い方のタイミングで、ユーザーが実施するわずか約 5 分の予防保全しか必要でないということもあります。産業用インクジェットプリンタ (小文字用) の専門家がいなくても、ライン担当者はこの予測可能な予防保全を実施できます。このため、予定外のダウンタイム (稼働停止時間) の原因となる不測の事態が排除され、プリンタが継続的に稼働して最大の生産性を生み出します。

関連記事

おすすめの印字機