レーザー刻印

レーザー刻印機は レーザーとコントローラから構成されます。レーザーのビームはコントローラによって操作され、刻印対象の表面にパターンをトレースします。コントローラは表面上のレーザービームの方向だけでなく、強度、移動速度、幅も決定します。

レーザービームが目的素材の表面に接触する点は、レーザービームの焦点です。この点は一般的に小さく、1 ミリメートルの数分の 1 に満たないことが少なくありません。ビームが表面を通過するとき、この焦点の内側の領域のみが著しく影響を受けるので、刻印結果が非常に正確になります。

レーザー刻印機は 非常に効率的です。そのビームは光エネルギーを熱に変換することにより、そのエネルギーを刻印する表面に渡します。素材によっては、その熱エネルギーによって素材の表面が変化します。プラスチックや木材などの天然素材を蒸発させ、所要の刻印を残します。ガラスや石などの硬い表面では、素材が割れ、表面から欠けます。

業界では、 レーザー刻印 はプラスチック、ガラス、ゴム、金属など、さまざまな素材にマーキングするために使用されます。金属の部品と包装の場合、金属部品の塗装を切断することは、一般的に金属にレーザー刻印を施す方法です。レーザー刻印によって刻印される表面の材料が蒸発する場合は、この工程から発生する有害な塵や煙を取り除き、刻印の続行を妨げる可能性がある表面のゴミを取り除くために、換気が必要です。

出力レベルの要件は、さまざまな素材の刻印によって異なります。木材や紙では、素材の表面の色を変化させて所要のマーキングを行うために必要な電力は 10 ワット未満です。ゴムもやはり低ワット数で刻印し、印字スタンプを刻むことができます。コーティングおよび塗装された金属は、30 ワットの電力レベルでくっきりとマーキングされます。

レーザー刻印機が業界で採用されている好例は、生産ラインです。ここでは、レーザー刻印機のビームは回転または振動するミラーに向かい、ミラーは移動し、マーキング対象の表面に数字や文字をトレースします。これは、製造番号、有効期限、ロット番号を製品や包装に配置する効率的な方法です。レーザー刻印により、さまざまなプラスチックやガラスでできた製品や包装が生産ラインに沿って移動する際、「移動中に」マーキングできます。その結果、今日のレーザー刻印機はホットスタンプやパッド印字などの古くて遅い印字技術に取って代わり、多くの企業の生産性を高めています。